離乳食や卒乳、断乳についての悩み、アドバイスは?
メープル(37)
(おいらせ町・女性)
 離乳食、というよりは幼児食になってしまうのかもしれないのですが、同じ悩みを持つご家族の参考になればと思います。
 わが家には、2人の子どもがいます。上の娘は特に何の問題もなく成長してきたのですが、次に生まれた息子(現在1歳10カ月)は生後4カ月くらいから肌がひどくなり、アトピー、小麦アレルギー、卵アレルギーです。
 いろいろなものが食べたくなる時期、さまざまな味を知ってほしいと思いながらも、食べられるおやつや食材も限られてきます。そこで、わが家で役に立っているものをご参考までに…。
 まずは米粉です。料理サイトを検索するといろんなレシピがあります。市販されている商品では、米粉100%のギョーザの皮やライスパスタ、米粉と大豆粉のホットケーキミックスなど。他に、卵白を使用していないちくわや、アレルギー物質を使わないウインナーも買っています。
 食べられるものを少しずつ試し、おやつや料理、お弁当のレパートリーを考えています。今は小麦の量を少しずつ摂取しながらの経過観察ですが、いつか克服して、お友達と一緒に同じものを楽しんで食べられる日が来ることを願っています。
富士山(39)
(岩手県・女性)
 先輩ママとして、私なりの振り返りからぜひともアドバイスしたいです。初めての育児、そして離乳食・卒乳については、誰もがいろいろと心配するものです。私もその一人でした。
 離乳食は、育児の本も参考にしました。炊飯器でご飯を炊く際、湯飲み茶わんに子どもにあげるためのコメを別に分けて水分を多めに入れ、おかゆっぽくして離乳食を作るのはぜひお勧めしたいです。また、ニンジン、サツマイモ、ジャガイモなども炊飯器を利用し、ホクホクに仕上げ、離乳食としてあげました。
 時には、瓶に入っている離乳食を使ってみたのも良かったです。でも、やっぱり手作りは一番ですよね。
 「卒乳」については、私は子どもの歯がはえ始めたころに、私からやめました。それまでにたっぷりお乳をあげていたので、なんの迷いもなく、満足感で卒乳に踏み切りました。今もそれで良かったと思っています。自分の信念を持ってやるといいですよ。
ayano(36)
(八戸市・女性)
 上は15歳から下は2歳まで6人の子どもの母ですが、断乳は男子のほうがつらかった思い出があります。
 女子は保育園でミルクを飲んでいたから、夜もミルクにしてみたら案外すんなり卒乳。男子は保育園ではミルクでも、家では“おっぱい星人”に。あげないと大騒ぎで、2歳近くまでくっついてたかも。でも、ご飯を目いっぱい食べるようになって、いっぱいハグして「めんこめんこ」していたら、くっつかなくなりました。
 断乳しようとすると「泣いてわめいて」って、ほんと大変だと思います。私もげんなりでした。卒乳(断乳)は「子どもの最初の自立」って考えてあげたら、お母さんの気持ちもちょっとは軽くなるのかな?って思いました。お母さん頑張れ!
いちご(36)
(八戸市・女性)
 息子が1歳2カ月の時、私は通院のため薬を飲まなくてはならなくなり、泣く泣く断乳しました。毎日添い乳で寝ていたので、断乳初日に息子は泣き叫び、疲れて寝ました。3日くらいそんな感じで、夫と交代しながら寝不足の日が続きました。
 5日目はもう諦めたのかぐっすり寝てくれて、私も眠れました。断乳してからは、息子は夜は起きることなくぐっすり寝るようになり、私も体が元気になりました!
 でも時々くっついてきたり、探しているので、無理矢理断乳しなくてもいいのかな?と思ってはいます。薬も今は飲んでいないので、時々授乳しています。すると、息子はめちゃくちゃ笑顔で元気百倍になります! 精神安定剤のような感じですね。
さぼさぼ(38)
(八戸市・女性)
 長男8歳、次男6歳の母です。離乳食は、長男の時には手作りにこだわり、自分たちの食事から役立つものを日々考えて楽しく作っていました。次男になると、上の子の世話もあるのでだいぶ手抜きに。レトルトが充実しているので、かなり活用しました。お出掛けにも便利だし、ママの負担も減るので楽させてもらいました。
 周りのママの話を聞くと、「手作りばかり食べさせていたら、外出時にレトルトを食べてくれない」と言う人も結構いたので、レトルトもたまにはいいと思いました。そのおかげか、わが家の次男は好き嫌いがほとんどありません。
まゆ(38)
(八戸市・女性)
 わが家にはもうすぐ3歳になる娘がいます。とにかく授乳をねだり、その回数も多く、時間もかかってしまいます。体力的にもきつく、悩んだ末につい先日卒乳しました。
 その方法は、ごく少量のからしを水に溶かして胸に塗るというもの。実際に試してみると、娘はとにかく驚き、すぐに離れていきました。その後は触ったり、じっと見詰めてきたりはしますが、絶対に授乳をねだらなくなりました。
 娘に聞いてみると、「辛くなったー」と大騒ぎ。私が「お姉さんになったからだね」と言ったら、何となく納得した様子。ちょっぴり後ろめたい気もしますが、卒乳に成功したようで、一安心です。
ちこ(32)
(八戸市・女性)
 7歳の長男と4歳の長女、6カ月の次女の3人を育てています。長男は離乳食を与えるとすぐにおっぱいを飲まなくなりましたが、長女は離乳食を食べた後もおっぱいを欲しがり、結局2歳ぐらいまで続きました。
 さすがにそろそろやめさせなきゃいけないと思い、おっぱいを欲しがって泣いても、抱っこしたりしてごまかし、何とかやめさせることができました。
 離乳食はインスタントがほとんどですが、いろいろな味があります。赤ちゃんにも好みがあるようで、よく食べるものと嫌がるものがあります。好きなものばかり与えるか、少し嫌がっていても、そういう味に慣れさせるために食べさせ続けるのか悩みどころです。
※2016年01月23日付の本紙に投稿の一部を掲載しました