育児疲れがたまったときのストレス解消法は?
ごろんごろんまる(31)
(千葉県・女性)
※八戸市出身
 4カ月の男の子が1人います。家に閉じこもって赤ちゃんの世話をしていると、本当にストレスがたまります。鏡を見た時に、自分の姿を見てウンザリします。ボサボサの髪の毛をシュシュで結び、よだれまみれのパジャマを着たすっぴんの私は、育児に疲れたお母さんそのものだから。
 そこで、子育てに疲れた時は、主人を誘って外出するようにしています。赤ちゃんは主人に抱っこしてもらいます。私はその時だけはスカートをはき、化粧もします。自分の外見を整えるだけでも、気持ちが明るくなります。
 また、外出先でオムツを交換できるエリアに行くと、夫婦で奮闘している姿をよく見掛けます。旦那さんが交換している後ろで、奥さんが腕を組んで見ていることもありました。子育てに奮闘しているのは私だけじゃないんだ、みんな頑張ってるんだなあと感じて、なんだか励まされた気分になります。
あんこ (35)
(八戸市・女性)
 5歳と1歳の兄弟のママです。一番お気に入りのストレス解消法は、子どもたちと本気で遊んで、笑うということです。
 最近の家族みんなのお気に入りは、変顔メイクです。まぶたに目を描いたり、口の回りを黒いアイシャドーで薄くなぞるとひげに見えるので、子どもたちは私の顔を見て爆笑しています。私も予想以上にひどい自分の顔に大爆笑です! 自宅でお手軽にできるので、小さい子がいても楽しめていいと思います。
 また、最近は子どもたちを抱きしめて、思いっ切り「こちょこちょ〜」と2人同時にくすぐります! みんなで笑って元気をもらってます。
ゆっくん(49)
(八戸市・男性)
 娘2人の父親です。気分転換に育児を離れて他のことをするという方も多いと思いますが、私の場合のストレス解消は「子育て苦労自慢」でした。苦労したエピソードをママ友やパパ友の間で話をするというのは大なり小なりあると思いますが、それを自慢げに吹聴してしまうわけです。
 例えば、「子どもが夜泣きして何時間しか眠れなかった」、寝不足自慢。「おむつを替えている時にうんちされて顔まで引っ掛けられた」、汚れ自慢。「仕事が休みの日も育児で自由な時間が取れない」、不自由自慢など。同じ子育て世代のパパ&ママとそういう話をすると「ウチなんかさ〜」と続いたりして盛り上がることがありますよね? 苦労したことも自慢話のネタと思えば気持ちが楽になると思いますよ。
 もっとも、そういう話ができる仲間がいることが大切ですよね。ちなみに私の苦労話は、娘がまだ赤ちゃんの時、夜のお風呂の時間に仕事を抜け出して家に帰り、娘の入浴を手伝った後でまた会社に戻って仕事を続ける、というのをしばらくやってました。はっきり言ってサービス残業になっていたので、そういう意味ではあまり褒められませんけどね!
おにぎりまる(35)
(八戸市・女性)
 4歳の男児、1歳の女児がいます。一番のストレス解消法は外出することですね。冬でなければ下の子どもを連れて散歩に出掛けます。子どもを預けられるなら、自分の好きな雑貨屋や本屋でしばらく見て歩いてウキウキするとすっきり。
 外に出られなければ、子どもが寝ている時間にお菓子を作っています。作る方が好きなので、お菓子は上の子どもにあげることも多いです。基本はストレスをためないこと! 自分のためにも家族のためにも、と思っています。
moon(34)
(八戸市・女性)
 8カ月の娘が1人います。夫が時々子守をしてくれるので、お願いしてゆっくり買い物や美容院に行ったりしてます。先日は映画を見に行かせてもらい、とても楽しい時間を過ごせました。
 他には子持ちの友達と自宅やレストランでランチしながらおしゃべりしたりして、ストレス発散しています!
 先輩ママにアドバイスをもらい、自分で調べた育児や病院の情報も交換するなどして、お互いにいろいろと役立っています。月齢の近い子どもがいるので、成長を比べたり悩みを相談したりしています。話が尽きないので、あっという間に2、3時間たっていることもしばしばあります。
ダックちゃん(36)
(八戸市・女性)
 6歳と4歳のきょうだいの母です。私のストレス解消法は、子どもたちと離れて1人の時間を過ごすことです。子どもが寝付いた後にビールを飲みながら夜な夜な映画鑑賞したり、黙々と換気扇の掃除をしたり、美容室でばっさり髪を切ったり、買い物に出掛けたりとさまざまです。
 全てが(といっても良いくらい)子どもたち中心の日常生活の中では、気持ちを穏やかに落ち着かせ、リセットする時間になっています。外出する時間がたっぷり取れるのも、家族の協力あってのことなので本当に感謝しています。
 春から小学1年生になる娘。新生活のスタートで、親子共に気付かないうちにストレスをためそうですが、適度に発散し楽しく過ごしたいものです。
グレープ(39)
(八戸市・女性)
 私の育児ストレス解消法は、とにかく人に悩みを話すことでしょうか。子どもが生まれたばかりのころは、初めてのことだらけで、無我夢中でした。なかなか泣きやんでもらえなかったり、数時間おきに授乳しなければならなかったりで、ストレスはたまるばかり。
 そんな時、育児を手伝ってくれていた家族に、いろいろと話を聞いてもらいました。ただ近くにいて耳を傾けてもらうだけで、何となく気持ちが楽になり、随分と助けられました。家族がいてくれて本当に助かりました。1人で抱え込まずに、少しずつでも誰かに話すことが必要だなと感じました。
※2016年03月26日付の本紙に投稿の一部を掲載しました