スマホの育児への影響
いい目をしているな(44)
(八戸市・男性)
 4歳8カ月の息子には、ちょくちょくスマホで遊ばせています。3歳になる前から興味を持つようになりました。知育になればと思い、簡単なパズルや数字を数えて遊ぶゲームをさせました。そのせいか、数字を覚えて、数える感覚が早く身に付いたように感じます。
 ただ、単にだらだらと遊ばせることはしたくないので、わが家ではスマホを子どもに使わせる際のルールを決めています。「ご飯を食べる時間が近い場合は渡さない」「渡す前に、時計を指さして長い針がここまできたら返すこと!と時間を決める」「夜遅くに遊びたがっても渡さない」の三つです。
 しかし、時間になっても自分からスマホを返してくれることはまだありません…。それでも、約束の時間になったら伝えて、ルールを守るように促しています。
うーたん(36)
(八戸市・女性)
 5歳の息子と、2歳の娘がいます。私も夫も携帯電話はガラケーです。スマホも電話以外の機能で使うために1台所有していますが、子どもに触らせたことはありません。
 八戸市のはっちや八食センターなどで遊んでいると、周りには子どもだけ遊ばせてスマホばかり見ている親がいる、という光景も珍しくありません。自分や他の親の子に危ないことがあっても知らん顔。私はイライラします。そうなりたくないと思い、子どもと一緒にいる時間は、できるだけ楽しく遊んでいます。特に乳幼児の頃は、顔をちゃんと見てコミュニケーションを取り合うことが大事だと感じます。
チョコレートママ(31)
(青森市・女性)
※八戸市出身
 1歳半の娘の母です。私はスマホを使っていて、子どものために調べ物をすることもあります。ある日、スマホを手にしながら授乳中、娘が何だかそわそわしていました。画面から目をそらすと、じっと私の顔を見詰めていたのです。目が合うと、安心したかのようにニッコリ。何だかかわいそうになりました。その時の笑顔は忘れられません。
 最近ではスマホを見ていると、必ずと言っていいほど「かまってちゃん」になり、「私を見て〜!」と言ってきます。だから、娘がお昼寝中になるべく見るよう、心掛けています。親がスマホに集中すると、子どもはやはり寂しいのではないでしょうか。
エクレア(39)
(八戸市・女性)
 もうすぐ5歳になる息子がスマホで遊ぶようになったのは、2年ほど前のこと。きっかけは息子が風邪をひき、病院に行った時にぐずって騒いでいたので、おとなしくさせようとスマホでアニメの画像を見せたことからでした。
 それ以来、スマホは面白いおもちゃのようなものと思ったらしく、私が使っていると「貸して」と頻繁に言ってくるようになりました。最初はうまく操作できなかったのですが、回数が増えるにつれてスムーズにできるようになりました。
 一度持つと熱中してなかなか返してくれず、遊びっぱなし。これはいけないと感じ、息子の前ではなるべく使わず、代わりに外へ遊びに行く機会を増やすようにしました。すると、徐々にスマホで遊ぶ回数は減っていきました。有効活用すれば便利な面もあるとは思いますが、あまり使わせないように気を付けています。
月(35)
(八戸市・女性)
 1歳4カ月の娘がいます。スマホやテレビは、1歳を過ぎるまで見せませんでした。最近はお祭りの動画に興味を持ち、「ヤーレヤーレ」と言ってくる時があり、スマホで5分ほど見せています。娘には直接持たせず、私が手にして距離を取るよう気を付けています。
 ただ、すぐに飽きてしまう感じです。テレビもあまり集中しては見ません。知り合いの子は幼い頃からスマホとタブレットを使い、依存する感じになっていたので、娘にはそうならないよう「駄目な時は駄目」と教えています。
 間違っても、スマホで子守をしてはいけないと思います。見せる時間も短くし、特に寝る前には触れさせないよう注意していきたいです。
メル(32)
(八戸市・女性)
 2歳7カ月の男の子のママです。こちらのテレビで放送していない番組を子どもが見たがるので、スマホで動画を見せることもたまにあります。ご機嫌になるので、良い部分もあると思うのですが、なるべく5〜6分程度の短い動画を選んで見せています。
 また、子どもが触っても反応しないようにアプリを入れるなどの工夫をしています。
ひこうき(41)
(八戸市・女性)
 2歳の男の子のママです。最近、ガラケーからスマホに変えました。前までは「絶対子どもにスマホは見せない!」と心に決めていたのですが、なかなか難しいです。ぐずってしまうとついつい、アニメの動画などを見せてしまいます。だから、20分以上は見せないなどルールを決めて、親子で楽しんでいます。
 また、子どもは教えていないのに操作方法を覚えて、勝手に電話をかけてしまうことも。スマホを見ている時は、子どもから目を離さないようにしています。
※2016年11月26日付の本紙に投稿の一部を掲載しました