冬の親子の遊び方
まねき猫(40)
(岩手県・女性)
 雪の多い、東北。わが家ではその雪を大いに活用し、子どもたちと楽しんでいます。例えば、降り積もった雪を庭にどんどん高く集め、滑り台にしています。7歳の子どもは、「やったー」と張り切ってそりを持ち出し、大満足で滑っています。寒い冬ですが、外で夢中になって動くことにより、体も心もぽっかぽかに温まります。
 また、わが家の近くにあるスキー場にも、毎年家族みんなで滑りに行きます。子どもは大人よりもポイントをつかむのが早く、親に教えられたことを体で覚えながら、すいすいと上手になっていきます。ぜひ皆さんの家でも、挑戦してみてはいかがでしょうか。
ままちい(27)
(八戸市・女性)
 6歳の女の子と、5歳、1歳の男の子のママです。子どもたちは毎年冬になると、パパと一緒に家の外で雪かきをしながら遊ぶのが恒例です。雪だるまやかまくらなどを作ったり、雪の上を転がったり、そりで滑ったりして楽しみます。
 雪が降り始めると、上の子ども2人は「早くいっぱい積もらないかなあ」と、外をいつも気にしています。今年も初雪の時から、早く大きい雪だるまを作りたいと待ち切れない様子でした。昔の自分を見ているかのようで、少し笑ってしまいます。
柴犬(31)
(青森市・女性)
八戸市出身
 冬はどうしても、屋外で遊ぶ機会が減ってしまいますよね。わが家では1歳9カ月の娘のために、図書館から借りてきた絵本を家で読んだりしています。また、歌が好きな娘は、童謡を聴かせるとオリジナルのダンスをしながら歌うので、一緒に踊ったりしています。
 屋外では、雪が多い日に雪だるまを作ってあげます。新雪に残る足跡を見ては、不思議そうに「あ! 足〜!」と言いながら楽しんでいます。大きくなったら、冬は親子でお菓子作りができればいいなと思っています!
もぐもぐもぐ(33)
(洋野町・女性)
 3歳の娘の母です。家の中で手軽にできて、家事も助かる遊び方は、「お母さんごっこ」。子ども用のエプロンを用意して、家事をお手伝いしてもらっているのです。娘はエプロンを着けること自体が好きなようで、自分から「お手伝いする!」と言ってくるようになりました。
 料理の時は、大きめのボウルでパンケーキの粉を混ぜてもらったり、一緒におにぎりを作ったりします。
 フローリングをお掃除する時は、子ども用の道具も用意します。汽車ぽっぽごっこのようにして、私の後について来てもらいながら、力を合わせて作業するのは楽しいものです。
 子どもなので、まだ上手にできないこともたくさんあります。でも、してくれたことに一つずつ「ありがとう」を伝えることができるのは、親としてもうれしいです。
ぴいぴいまま(36)
(八戸市・女性)
 5歳の男の子と、2歳の女の子がいます。冬の悪天候で出掛けられない日は、絵本を読む、積み木やブロックで遊ぶ、そして一緒にお菓子を作る、というのが定番です。特に型抜きや丸めて作れるクッキーは、2歳くらいからできるので、よくやっています。
 その間、親は「自分のことはしない」くらいに割り切って遊びます。外に出なくても、娘は午後にしっかり昼寝をしてくれるので、そこで自分の時間を確保! もし外出できる気候なら、屋内で遊べる場所に出掛けますし、前日に雪が降った後に天気が良くなれば、雪かきがてら雪遊び。冬でもできることはたくさんありますよ〜。
黒井いか墨子(36)
(八戸市・女性)
 たくさん雪が降った日は、ただで“遊園地”を建設できる大チャンスの到来。黒井建設(わが家)は腕の良い職人がそろっている。まずは棟梁(とうりょう)の夫が痛む肩腰をだましだまし作るは、雪かきの際に積み上げた山を利用したかまくら。そして親方(私)は、米袋を利用したDIYで、そりをこしらえる。
 そりの前方に付いているビニールひもでかじを取れ! 新入り(息子)よ。お尻が痛くてもそのあざは大丈夫、蒙古斑だ。雪山を転げ落ちるのに飽きたら、雪玉を転がして雪だるま制作。締めは遊具を全て破壊せよ! 黒井建設が解散して終了。次の大雪をお楽しみに!
クッキー(39)
(八戸市・女性)
 5歳の息子は外遊びが大好きです。冬になり雪が積もると、まず雪だるま作りから始まり、かまくら作り。坂を作ってそり遊びもします。私は寒くて家の中に入りたいなあと思うのですが、息子は気にしない様子。最近は降雪が少ないので、積もった時は積極的に外で遊ぶようにしています。もう少し大きくなったら、スキーにも挑戦させてみようかなと考えています。
 家の中の遊びでは、最近夢中になっているのがトランプです。ばば抜きが特にお気に入りのようですが、息子がばばを持つとすぐ顔に出るので分かりやすく、パパと一緒に笑ってしまいます。これからはもう少し難しいゲームも教えて楽しみたいです。
プリン(39)
(八戸市・女性)
 インフルエンザや風邪が怖いので、冬は基本的に家の中で過ごしています。8歳と4歳の娘がいるのですが、今夢中になっているのが「恋ダンス」。録画した番組を見ながら、踊っています。テレビに出ているお笑い芸人の物まねをすることも。体を動かすので温かくなるようです。
 週末は、家族みんなでゆっくりと読書をすることも多いです。外出時は、近くの銭湯に行くこともありますね。
※2017年2月25日付の本紙に投稿の一部を掲載しました