子ども服の選び方
めんこのかあちゃん(38)
(八戸市・女性)
 6歳の男の子、もうすぐ2歳になる女の子の母ちゃんです。子ども服は、主にリサイクルショップとはっちのお下がり市で買います。
 子どもが小さいうちのズボンは、裾から手を入れられる柔らかめの素材であることが選ぶ基準になっています。着替えがさせやすいからです。
 後は、ウエストのゴムが入れ替えできる作りのもの。生地がしっかりしているようでも、ゴムは緩くなっている可能性があるので、1・5〜2センチの平ゴムを用意して、入れ替えています。
 男の子のズボンは大きくなるに従って、リサイクルショップでは見つけにくくなりますが、小まめに通ってゲットしていますよ!
あいちゃんのまま(28)
(五戸町・女性)
 4歳の一人娘がいます。私の娘は祖父に似て体が大きく、成長も早い方だと思います。平日は幼稚園に行っているので制服を着ています。だから、あまり服を購入しておりません。
 セールで来年用を買っても、次の年に出してみると着られないことがあります。なので、私は職場や知り合いからお下がりを頂いたり、フリーマーケットやバザーを利用したりしています。
 サイズアウトした服は知り合いにあげて、できるだけ捨てないよう心掛けています。子どもが大きくなって欲しい服があったら、買えばいいなと思っています。ブランドにこだわらず、全国チェーン店などを利用しています。
まいまい(38)
(八戸市・女性)
 子どもが生まれて最初に着せた服は、奮発して自分が気に入った物を買いましたが、それ以降はお下がりや出産祝いの頂き物で過ごしました。
 乳児期は、おしゃれなスタイがあれば古着でも目立たないです。スタイを卒業後は、フリマで服を買いました。 子どもはとにかく動くので、伸縮性のある素材を選んでいます。
 上衣はワンサイズ大きめ、ボトムスは転倒防止のためにジャストサイズを着させました。
 サイズダウンしたものは、フリマで売るか、知り合いに譲って、ママさん同士で楽しめるようにするとGoodだと思いますよ!
いちご大好き(38)
(八戸市・女性)
 わが家には9歳の男の子がいます。小さい時から体も足も大きかったため、靴選びには苦労しました。小学3年生になった今は24センチです。キッズサイズの靴は24センチまでが多く、最近は大人サイズの靴を履いています。
 そうすると、紐(ひも)の付いたくつが多くて自分で上手に結べません。解けてしまった時も面倒くさがり、きちんと結びません。けがの原因にもなるので親としてはハラハラします。そんな時、百円均一ショップでゴム製の靴紐を発見しました。
 結んだまま履けるし、解けることもほとんどありません。色や長さもさまざまあり、本当に便利です。安いので切れた時用にストックしてあります。今ではわが家には欠かせないグッズです。
うぇーぶ(35)
(八戸市・女性)
 1歳8ヶ月女の子ですが、体が小さめなのでやっと1歳サイズの服がぴったりになってきました。他の子より服が長く着られるのでありがたいです。
 肌着類はオーガニックコットンかエコテック認証のものを選んでいます。一度サイズアウトが早いからと安いものを買ったら、生地がすぐに伸びてしまったことがあったので、やはり品質のいいものがいいと思いました。
 衣類も綿のものがメーンです。あとはウールやカシミアなど天然素材を買っています。
 キャラ物が苦手なのでリバティ柄や無地、水玉などが多いです。ヨーロッパのブランドがシンプルで可愛いので着せています。
 費用を抑える工夫はフリマアプリを使ったり、同じ生地を使いお揃いの服を作ったりしています。
青い鳥(37)
(八戸市・女性)
 4歳の娘の服は、できるだけ綿100%素材のものを選びます。冬場は風邪をひかせたくないので、ほぼ毎日ハイネックのカットソーを着せています。
 そして、母(娘にとっては祖母)がウールのカーディガンを編んでくれるのでそれも着せて過ごしています。ウールは軽くて温かいと思います。
 服の購入店は、リーズナブルな量販店より、百貨店で販売されている服の方が、表示サイズより大きめに作られているように感じます。なので、2シーズン着ることができます。季節ごとのバーゲンで来年のサイズを購入して、費用を抑えるようにしています。
かさみか1108(32)
(千葉県・女性)
八戸市出身
 1歳半の息子がいます。妊娠中は、マタニティ雑誌を読みながら、お腹の子どもに可愛い服を着せているところをよく想像していました。
 しかし実際に生まれると、ミルクを吐き、食べものをこぼし、よだれを垂らします。うんちが漏れることもよくあり、新しい服が汚れるたびに、ため息をついていました。
 そこで今は、リサイクルショップで服を買っています。普段は手が出ないブランドの服も安く買えますし、汚されてもイライラしなくなりました。
 着替えしやすいように、トレーナーやレギンスをよく買っています。ボタンが付いていないもの、ゴムが入っているものが選ぶ基準です。また汚れが目立たないように、濃い色の服を選んでいます。
 本当は白いブラウスやカーディガンなどの上品な服を着せたいのですが、まだまだ先になりそうです。
鰤と煮酸っぱからず(36)
(八戸市・女性)
 まずった。否、まずったわけではないのかもしれない。この葛藤の原因は、ストレッチスキニーパンツである。
 息子は1歳半検診時、頭囲のサイズを測ってもらう際、ベテランの看護士さんを「こんな大きい頭部の赤ん坊は初めてである」とまで言わしめうならせた脳みそぎっちり君である。
 そんなことは重々承知の私なのに、息子の春服としてのセレクトがスキニーパンツ、尚且つお色はベージュときている。意気揚々と息子に試着させるとそこにはマッチがいた。棒の方のである。
※2017年4月22日付の本紙に投稿の一部を掲載しました