おませなわが子のエピソード
あいあい(28)
(五戸町・女性)
 4歳の娘に虫歯が見つかり、歯医者さんに通うことになりました。最初は泣いていましたが、通ううちに慣れて診察室に一人で行けるようになりました。
 ある日、「先生がカッコイイ」と話し始めるようになり、先生が好き過ぎてお化粧してドレスを着て歯医者さんに行きます。
 別の先生が診察しに来たことがあり「今日は先生が忙しいから、代わりに僕が診察するけどいいかな?」と聞かれると、娘は「先生じゃないから嫌です」と、口を閉じてしまいました。思わず助手の方と笑いました。
 呼ばれてきたいつもの先生に「今日は違う人の治療があるから代わりの先生でもいいかな?」と言われると「先生がそういうなら、今日は我慢する」と納得した様子でした。いつもの先生に「今度来た時は診るからね」と言われ、にっこり。
 子どもは歯医者さんが嫌いとよく聞きますが、わが家の娘は「歯医者だよ」と聞くとルンルンです。
ちいまま(27)
(八戸市・女性)
 4月に小学1年生になったばかりの娘の話です。2歳になる頃から、自分が着たい服をたんすから探して選ぶようになりました。
 大きくなると、一日に何度もお着替えをしたり、フリフリのスカートやドレスを着ては鏡の前でポーズを取ったりしていました。
 お出掛けはもちろん、お客さんが家に来た時もお着替えをしたがります。今でも学校から帰ると、スカートをはき始めます。
 配達のお兄さんが来ると「かっこよかったね♡」と話す娘に笑ってしまいます。
かさみか1108(32)
(千葉県・女性)
八戸市出身
 うちの息子は年上の女性が好きです。1歳9カ月になりますが、同じ年頃の女の子には興味を持っていないみたいです。
 よく銭湯に連れて行くのですが、目を離すと気に入ったおばさまのところに行って、何やら話し掛けています。お風呂から上がると、そのおばさまからようかんをもらっていました。またある時は、好みのおばさまに洗面器を渡してあげていました。
 息子はほっぺにチューをすると、女性は喜ぶものだと分かっているみたいです。おばあちゃんが遊びに来ると、頻繁にほっぺにチューをしています。
 おばあちゃんは、ますます孫にメロメロ。息子の服や靴をよく買ってくれます。既に「女なんてちょろいもんだ」と思っていることでしょう。
青い鳥(37)
(八戸市・女性)
 4歳の娘はお料理が大好きです。料理中に娘に「何作ってるの?」と聞いてきます。
 私が「○○作るよ」と言うと、材料を用意している私の横で、必要な調理器具をパッパッと出してくれたり、鍋の中身を混ぜてくれたりと、一歩先のお手伝いをしてくれるのです。私は、その間に洗い物をします。
 最近は、主人と自分のお弁当も詰めてくれる娘。私の作業の様子をよく見て覚えているので、こちらもきちんと丁寧にしなくてはと思います。
のんのん(32)
(青森市・女性)
八戸市出身
 2歳の娘は車に乗ると「ママ、前向いて!シートベルトして!」「オーライオーライ」、雨が降ると「傘持った?」と急に大人のように言うようになりました!
 小さいながらに理解してるんだなぁと思う反面、今度は何を注意されるかハラハラな日々です! 子どもはすぐ親のまねをするので、私自身も発言には気を付けていきたいなと思いました。
スイーツ大好きママ(31)
(東北町・女性)
 1歳になった娘が1人います。お風呂上がりに私がくしで髪をとかしていると、じーっとこちらを見ていました。
 興味がありそうだったので、折り畳み用の小さなくしを「はい、これどうぞ」と渡すと、最初は不思議そうに見ていましたがいきなり髪をとかし始めたのです!
 触ったことのないくしを使う様子は、ママのまねとは言えど“女子”を感じました。それ以来、渡すと喜んで髪をとかしています。ちなみにドライヤーも好きですね。
ぼうし(34)
(洋野町・女性)
 3歳娘の母です。いつもより遅くまで寝ていた私に、「お母さん調子悪いの? ゆっくり休まなきゃね〜」と声を掛けてくれました。
 大人びた言い方で笑ってしまいましたが、普段の会話や話し方も、子どもはよく見ているんだなと感じた瞬間でした。
まいまい(39)
(八戸市・女性)
 子どもが保育園に通っていた頃の話です。
 いつものように園にいた時、お客様が見えました。その時、わが子は「やぁ、ご苦労さん!」と言ったそうです。
 小さな子どもにそんなことを言われたお客様、失礼いたしました。この場をお借りしておわびいたします。
館鼻漁子(37)
(八戸市・女性)
 男児4歳(年少)にしてモテ期が来ている。クラスの女児にとどまらず、年中年長女児がまあ自分を取り合うこと甚だしいといってはばからない。
 アイツが好きなあの子も、親友の好きなカワイ子ちゃんも、皆俺のとりこだと。だが自分にはこれと決めた彼女がおり、残念ながら全員と付き合うことは難しいと嘆いている。
 モテ期などついぞきたことがない我々には、何の助言もすることができないので閉口して見つめるしかなかった。
あんぱんぱん(37)
(八戸市・女性)
 6歳、0歳の男の子、3歳の女の子がいます。娘がとてもおませになって、私の口調そっくりにお兄ちゃんを注意したり独り言を言ったりするので、思わず苦笑いです。
 「ここに置きっぱなしはだめでしょ」「あの人(6歳の兄)元気だねえ〜」など、毎日私が言っていることをそのまま言っています。
 最近生まれた赤ちゃんにも、足が出ていると無理にでもタオルをかけようとするなどよく気付いてくれます。
ごんぼほりこちゃん(38)
(八戸市・女性)
 8カ月女の子の母です。最近、自我が芽生え主張が強くなったわがまま娘です。
 時折見せる上目遣い、甘えた声、両手を広げて「甘えポーズ」、カメラ目線の完璧なスマイル。いつの間に覚えたのでしょう。女子力高い系!
 パパもママもじいちゃんもばあちゃんもみんなノックダウン。特にパパはメロメロ、本気でほれてます(笑)。
※2017年7月22日付の本紙に投稿の一部を掲載しました