心肺停止状態から社会復帰へ
キャンペーン報道「命つなぐ 市民AED」スタート
 デーリー東北新聞社は、AEDの有効活用を目的としたキャンペーン報道「命つなぐ 市民AED」を始めます。八戸市立市民病院救命救急センターの協力を得て、人口24万人都市・八戸市をモデル地域として調査。効果的な設置、周知方法や使用の割合を高める方策、課題を探り、心肺停止状態から社会復帰できる確率の向上を目指します。

TOPへ
自動体外式除細動器(AED)とは?
AED:Automated External Defibrillator
 突然の心停止を起こして倒れた人の心臓に、必要に応じて電気ショックを与え、働きを戻すための医療機器。主に、突然心停止の要因の一つで、心臓の筋肉がけいれんし血液を送る機能を失った状態になる「心室細動」の際に効果を発揮する。医療機関で一般に使用されている従来の除細動器が手動式なのに対し、AEDは自動的に心電図を解析し、電気ショックが必要な場合にのみ作動する。2004年7月から、医療従事者でない市民でも使用(市民AED)できるようになった。

TOPへ
AEDの使用方法
【改定4版 応急手当講習テキスト 救急車がくるまでに】より引用
AEDの到着と準備
(1)AEDを傷病者の近くに置く
●AEDを傷病者の近くに置きます。ケースから本体を取り出します。
(2)AEDの電源を入れる
●AEDのふたを開け、電源ボタンを押します。ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。
●電源を入れたら、以降は音声メッセージと点滅するランプに従って操作します。
(3)電極パッドを貼る
●傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。
●電極パッドの袋を開封し、電極パッドをシールからはがし、粘着面を傷病者の胸の肌にしっかりと貼り付けます。
●機種によっては電極パッドのケーブルを接続するためにAED本体の差込口(点滅している)にケーブルのコネクタを入れるものがあります。
ポイント
●電極パッドは、胸の右上(鎖骨の下)および胸の左下側(脇の5〜8cm下)の位置に貼り付けます(貼り付ける位置は電極パッドに絵で表示されていますので、それに従ってください)。
●電極パッドを貼り付ける際にも、可能であれば胸骨圧迫を継続してください。
●電極パッドは、肌とのすき間を作らないよう、しっかりと貼り付けます。アクセサリーなどの上から貼らないように注意します。
●成人用と小児用の2種類の電極パッドが入っている場合や、成人用モードと小児用モードの切り替えがある機種があります。その場合、小学生以上には成人用の電極パッド(成人用モード)を使用し、未就学児には小児用の電極パッド(小児用モード)を使用してください。成人には、小児用電極パッド(小児用モード)は使用しないでください。
心電図の解析
▼電極パッドを貼り付けると“体に触れないでください”などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。このとき、「みなさん、離れて!!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。
▼“ショックは不要です”などの音声メッセージが流れた場合は、ただちに胸骨圧迫を再開します。
電気ショック
▼AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると“ショックが必要です”などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。充電には数秒かかります。
▼充電が完了すると、“ショックボタンを押してください”などの音声メッセージが出て、ショックボタンが点灯し、充電完了の連続音が出ます。
▼充電が完了したら、「ショックを行います。みなさん、離れて!!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。
ポイント
●ショックボタンを押す際は、必ず自分が傷病者から離れ、誰も傷病者に触れていないことを確認します。
●電気ショックが加わると、傷病者の腕や全身の筋肉が一瞬けいれんしたようにビクッと動きます。
心肺蘇生の再開
▼電気ショックが完了すると、“ただちに胸骨圧迫を開始してください”などの音声メッセージが流れますので、これに従って、ただちに胸骨圧迫を再開します。
AEDの手順を心肺蘇生の繰り返し
▼心肺蘇生を再開して2分ほど経ったら、再び、AEDが自動的に心電図の解析を行います。音声メッセージに従って傷病者から手を離し、周りの人も、傷病者から離れます。
▼以後は、上記【心電図の解析】【電気ショック】【心肺蘇生の再開】の手順を、約2分間おきに繰り返します。
ポイント
●AEDを使用する場合でも、AEDによる心電図の解析や電気ショックなど、やむを得ない場合を除いて、胸骨圧迫の中断をできるだけ短くすることが大切です。
心肺蘇生を中止するときは
(1)救急隊に引き継いだとき
●救急隊が到着したら、傷病者の倒れていた状況、実施した応急手当、AEDによる電気ショックの回数などをできるだけ伝えます。
(2)傷病者が目を開けたり、あるいは普段どおりの呼吸が出現した場合
●気道確保が必要になるかもしれないため、慎重に傷病者を観察しながら救急隊を待ちます。この場合でも、AEDの電極パッドははがさず、電源も入れたままにしておきます。吐物などによる窒息の可能性がある場合や、やむを得ずその場を離れる場合は回復体位にします。

TOPへ
ニュース

TOPへ
Copyright (C) Since 2001 THE DAILY TOHOKU SHIMBUN,Inc.ALLrights reserved.