八戸ワシントンホテルにAED設置 24時間利用可能 (2015/03/24)
八戸ワシントンホテルのロビーに設置されたAED=23日
八戸ワシントンホテルのロビーに設置されたAED=23日
 八戸市十三日町の八戸ワシントンホテル(橋本博文社長)は23日、自動体外式除細動器(AED)1台を2階ロビーに設置した。24時間利用可能で、幅広く活用してもらう考えだ。
 同日はAEDの販売業者担当者による訓練用のマネキンなどを使った講習会が行われた。従業員9人は心臓マッサージや機器操作を実際に体験し、声を掛け合いながら熱心に取り組んでいた。
 24時間利用可能なAEDの設置は十三日町地区で初めて。同ホテル総務の久保田雄介さんは「万が一の場合にはホテル利用者だけでなく街を訪れた観光客、市民にも活用してもらいたい」と話した。 (田中周菜)
Copyright (C) Since 2001 THE DAILY TOHOKU SHIMBUN,Inc.ALLrights reserved.