デーリー東北の書籍
デーリー東北

デーリー東北選書

  • 「青森県の交通史」
    中園 裕 編
    A5変型判/134ページ
    定価:本体1,200円+税

    「青森県の交通史」
     地域を結ぶ公共交通は、今も昔も必要不可欠な市民の足。その歴史を機関・施設や出来事別に、分かりやすい文章で紹介。新時代を展望するヒントにも。貴重な写真も多数掲載。
  • 「天鐘2015 1〜6月」、「同 7〜12月」
    デーリー東北新聞社論説委員会 著
    A5変型判/「1〜6月」294ページ
    「7〜12月」282ページ
    各定価:本体1,300+税
    「天鐘2015 1〜6月」 「天鐘2015 7〜12月」
     “新聞の顔”といわれる1面コラムを、半年分ごとに収録。時事ニュースや身近な出来事・話題を題材に、論説委員が柔らかい筆致で喜怒哀楽をつづる。巻末に「北奥羽 主なニュース」掲載。
  • 「天鐘2014 1〜6月」、「同 7〜12月」
    デーリー東北新聞社論説委員会 著
    A5変型判/「1〜6月」282ページ
    「7〜12月」294ページ
    定価:本体1,200円+税
    「天鐘2014 1〜6月」 「天鐘2014 7〜12月」
     “新聞の顔”といわれる1面コラムを、半年分ごとに収録。時事ニュースや身近な出来事・話題を題材に、論説委員が柔らかい筆致で喜怒哀楽をつづる。巻末に「北奥羽 主なニュース」掲載。
    試し読みはこちら
  • 南部 暮らしの風土記
    古里 淳 著
    A5変型判/164ページ
    定価:本体800円+税

    南部 暮らしの風土記
     厳しい風土の中で、たくましく生きてきた南部地方の人々。味噌(みそ)玉、えんつこ、おしらさま、千歯こき…。懐かしい食文化や風習、民具などに込められた先人の知恵と思いを今に伝える。
    試し読みはこちら

デーリー東北の書籍

  • 北奥羽 里山を歩く
    「北奥羽 里山を歩く」
    高橋 晃 著
    A4変型判/184ページ
    定価:本体1,800円+税
     多様な命を育む身近な自然を案内し、植生の特徴や暮らしとの関わりを解説する。ミニコラム風の植物紹介や用語解説も収録。ガイド本として活用できるほか、風景や花の写真をゆっくり眺めるだけでも楽しい。
     6月29日発売 
  • よみがえる八戸城下
    よみがえる八戸城下
    −復元絵図と藩士の由緒
    三浦 忠司 著
    A4判/134ページ、差し込み図1枚
    城下絵図の複製・復元図付き(各A1判)
    箱入り、定価:本体3,000円+税
     江戸時代末期の絵図「文久改正 八戸御城下略図」や史料「系譜書上」を基に、城下の屋敷配置や藩士の来歴を明らかに。時を超えて町と人の実像を伝える。各家が手書きした家紋も掲載。家計調査や街歩きに役立つ一冊。
  • 高校野球グラフ2016
    高校野球グラフ(定期刊行)
    デーリー東北新聞社 編
    A4判/約80ページ
    定価:本体926円+税
     甲子園出場を目指す、全国高校野球選手権青森大会の全試合を完全収録。迫力あるプレー写真や記録をはじめ、各チームのメンバー表、応援風景も掲載。特別な夏≠フ感動がよみがえる。8月初旬発行。
  • 八戸藩の歴史をたずねて
    八戸藩の歴史をたずねて
    三浦 忠司 著
    A5判/304ページ
    定価:本体1,714円+税
     八戸歴史研究会会長を務める著者が、新しい観点から郷土の歩みをひもといた。政治史のほか、社会の動向や人々の暮らしにも着目し、八戸藩の歴史を立体的に構成。東京に残る、ゆかりの地も探訪。
  • 三陸復興国立公園 種差海岸ガイドブック
    三陸復興国立公園
    種差海岸ガイドブック
    デーリー東北新聞社 編
    A4判/70ページ
    定価:本体1,143円+税
     2013年5月に三陸復興国立公園に指定された、八戸市が誇る国の名勝・種差海岸。天然芝生地が広がり、海浜植物や山野草が咲き乱れる奇跡の海辺≠フ魅力や歴史を紹介。便利な探訪マップ付き。
  • なぎさ たべもの塾
    なぎさ たべもの塾
    なぎさ なおこ 著
    A4変型判/112ページ
    定価:本体1,143円+税
     親子で楽しめる、かわいくて、おいしい野菜の絵本。24種の野菜を季節ごとに分け、栄養や特徴、すぐに作れる簡単レシピを紹介。食と健康について考えるきっかけにも。野菜をもっと好きになろう!
  • <はちのへ・るねさんす>の風景
    <はちのへ・るねさんす>の
    風景
    山根 勢五 著
    A4判/80ページ
    定価:本体1,714円+税
     戦時中の閉塞感から解放された昭和20〜30年代。個性豊かな面々が互いに刺激し合い、新たな文化の創造に希望を膨らませた。著者が見聞した豊富な逸話を通して、文化復興の息吹を生き生きと伝える。
  • 論語絵本
    論語絵本
    森 華 訳・絵、礪波 護 監修
    A5変型判/160ページ
    定価:本体1,500円+税
     中国の思想家・孔子の言行録「論語」の絵本。500章の中から91章を厳選し、「よろこび」「いきる」など八つのテーマに分けて教えを紹介。簡潔な現代語訳で、人のあるべき姿を分かりやすく説く。
  • 北奥羽百句百景
    四季 北奥羽百句百景
    三ヶ森 青雲 著
    A4判/224ページ
    定価:本体2,400円+税
     北奥羽を代表する俳人の秀句100句を選び、ゆかりの地などを巡った取材記に、情緒あふれる写真を添えた。豊かな自然や風土、先人の足跡が鮮やかに浮かび上がり、古里への思いが一層深まる一冊。
  • 限界集落と地域再生
    全国12地方紙共同出版
    限界集落と地域再生
    大野 晃 著
    A5版/316ページ
    定価:1,600円+税
     「限界集落」……その数、日本列島に7878集落(国土交通省調査)。うち、2643集落は崩壊の危機に瀕している。「むら」の消滅は自治体の命運をも握る急がれる再生の手だて。「限界集落」の概念を打ち出した著者が再生へのビジョンを提言する。
  • 八戸魚物語
    石戸 芳男 編
    B6判/230ページ
    定価:本体2,400円+税
     全国有数の水産都市である八戸市。港に水揚げされる魚介類161種を取り上げた初の図鑑。分類、形態、分布、生態のほか、調理法や味の特徴などについても解説した。巻末に八戸近海の魚類目録を収録。
  • 作家生活50年 三浦哲郎の世界
    作家生活50年 三浦哲郎の世界
    デーリー東北新聞社 編
    A4判/76ページ
    定価:本体1,143円+税
     磨き抜かれた文体で人生の哀歓をつむいだ芥川賞作家・三浦哲郎。その文学と人となりを、より深く知るためのガイドブック。作家所蔵の私的写真や自筆年譜も掲載。エッセイ特別選「狐のあしあと」収録。
  • 回想・寺山修司 百年たったら帰っておいで
    回想・寺山修司
    百年たったら帰っておいで
    九條 今日子 著
    四六判/232ページ
    定価:本体1,500円+税
     青森が生んだ奇才・寺山修司。時代が変わっても、その唯一無二の世界は色あせない。公私にわたるパートナーだった元妻がつづる、寺山の素顔とは。奇跡的な男女の結び付きを明かした、愛に満ちた回想録。
  • 検証 むつ小川原の30年
    検証 むつ小川原の30年
    江波戸 宏 著
    A5判/393ページ
    定価:本体2,667円+税
     「下北原子力半島」の原点である、むつ小川原開発計画。破綻した巨大開発の30年余を取材記者が検証した。国家石油備蓄基地や核燃施設立地に至る経緯、地元の混乱−。知られざる事実の貴重な記録。

【お問い合わせ】

デーリー東北新聞社 コミュニティ事業局出版部
電話:0178(44)5111
ファクス:0178(47)0077
E-mail:shuppan@daily-tohoku.co.jp