北奥羽短歌大会
デーリー東北

北奥羽短歌大会

佐々木さん(十和田)1位(2017/10/09)

 第56回北奥羽短歌大会(北奥羽短歌協会、デーリー東北新聞社など主催)が8日、八戸グランドホテルで開かれ、十和田市の佐々木せつ子さん(72)=十和田短歌会=が2011年以来6年ぶりの1位に輝いた。
 大会には北奥羽地方の愛好家約90人が参加。事前募集の宿題「本」「積」と、当日発表の席題「木」について1首ずつ詠み、総合点で順位を競った。
 佐々木さんは宿題の両方天位を獲得。「本」の〈内視鏡ゆっくりゆっくり進むらしわれは一本の管になりゆく〉は、心臓の手術をする前に内視鏡検査を受けた時の心境を詠んだという。
 佐々木さんは「前回1位になった時は照れくささが強かったが、今回は素直にうれしい。これからの歌作りの励みになる」と笑顔で語った。
 上位入賞者は次の通り。(敬称略)
 (1)佐々木せつ子(十和田市)18点(2)馬場有子(同)17点(3)大串靖子(七戸町)13点(4)福井詳子(十和田市)13点(5)遠瀬信子(八戸市)13点(6)佐々木恵美子(三沢市)13点(7)小笠原としゑ(十和田市)13点(8)大山祐子(同)12点(9)佐々木冴美(南部町)10点(10)小形矩子(八戸市)9点
 (3〜7位は席題の順位による)
【写真左】
佐々木せつ子さん
【写真右】
席題が発表され、真剣な表情で作歌に取り組む参加者=8日、八戸グランドホテル