職域・愛好団体対抗将棋大会
デーリー東北

第44回職域・愛好団体対抗将棋大会

長者愛好会、Aクラス制す(2016/11/21)

 第44回職域・愛好団体対抗将棋大会(日本将棋連盟八戸支部、デーリー東北新聞社主催)が20日、八戸シーガルビューホテルで開かれ、Aクラスは長者将棋愛好会が制した。
 青森、岩手両県から30チーム150人が参加。5人一組で合計段位が15段以下のAクラス、10段以下のBクラス、5段以下のCクラスに分かれ予選リーグと決勝トーナメントを戦った。
 審判長として、郷田真隆王将、副審判長として金沢孝史五段が来場。多面指しによる指導対局のほか、対局後の感想戦に加わるなどして、参加者と交流した。
 結果は次の通り。
 ▽Aクラス(1)長者将棋愛好会(伊東恒紀五段、生平大悟四段、橋克明四段、大下聖和二段、村田大和初段)(2)大山将棋記念館(3)根岸将棋愛好会
 ▽Bクラス(1)日本将棋連盟久慈支部(笹原賢二三段、平坂隆幸1級、星川勝久三段、横沢田均初段、児玉琢哉二段)(2)日本将棋連盟三沢支部(3)八戸かもめ棋友会
 ▽Cクラス(1)十和田食肉衛生検査所(栗林一博1級、林健太郎初段、杉山篤弥二段、南勲1級、納堂健太郎二段)(2)八戸工業大学A(3)メガネの菊屋十和田道場
【写真説明】
大会の様子を見守る郷田真隆王将(右)、金沢孝史五段=20日、八戸シーガルビューホテル