第5回こども絵画コンクール
Webサイトをリニューアルしました。
約5秒後に新サイトへジャンプします。
【重要】サイトリニューアルのお知らせ
 デーリー東北新聞社はWebサイトをリニューアルします。ニュース全般に関してはニュースサイト「デーリー東北デジタル」(https://www.daily-tohoku.news)、リクルート情報や主催事業などの会社案内に関してはコーポレートサイト「デーリー東北新聞社」(https://www.daily-tohoku.company)にそれぞれ移行します。ニュースサイトが11日朝、コーポレートサイトは8日正午の開設予定です。移行作業に伴い、当サイト(http://www.daily-tohoku.co.jp)は断続的に閲覧できなくなったり、更新されなかったりする可能性がありますので、あらかじめご了承ください。また、新たなニュースサイトのオープンをもって当サイトでのサービスは終了しますのでご注意ください。
デーリー東北

第5回こども絵画コンクール作品募集(2018/11/20)

第5回こども絵画コンクールポスター
 デーリー東北新聞社は、「第5回こども絵画コンクール」を開催します。絵画への取り組みを通じて、芸術的感性の豊かな子どもの育成と地域文化の活性化を目指します。
 対象は青森、岩手両県内の3歳児から中学生までと特別支援学校に通う児童生徒。テーマは自由です。
 締め切りは2019年1月24日(木)必着。作品は、紙上での発表の後、入賞作品をデーリー東北ホール(八戸市城下)で展示します。

◇応募条件
 青森県・岩手県の幼稚園・保育園、小学校、中学校に在学する園児、児童生徒。
◇部  門
 ・園児の部(小学生未満)※3歳以上
 ・小学校低学年の部(1〜2年)
 ・小学校中学年の部(3〜4年)
 ・小学校高学年の部(5〜6年)
 ・中学生の部
◇表  彰
 各部門ごとに
 最優秀賞1点・・・賞状、副賞
 優秀賞 2点・・・賞状、副賞
 入 選 5点・・・賞状、副賞
 佳 作10点・・・賞状、副賞
 優秀学校賞 ・・・幼稚園・保育園、小学校、中学校より各1校
 その他、応募者全員に参加賞を進呈いたします。
 ※表彰式への参加は入選までです。
◇作品展示
 2019年2月16日(土)〜21日(木)まで優秀作品展示
 デーリー東北ホール(八戸市城下、デーリー東北新聞社本社1階)
◇応募方法
 ・テーマは自由です。
 ・市販の画用紙(サイズ指定「四つ切」縦392mm×横542mm)を使用し、画材は問いません。ただし、版画、切り絵は不可とします。
 ・指定用紙(下記)に必要事項を記入し、作品の裏側に貼付してください。
 ・一人一作品、未発表の作品とします。
 ・個人での応募も可能です。
 ・学校単位でご応募される際は、団体用申し込み書(下記)を添付してください。
 ※指定用紙、団体用申し込み書は、以下からダウンロードできます。また、事務局でも発行します。
◇締め切り
 2019年1月24日(木)必着
◇発 表
 2月中旬に「デーリー東北」紙面上で、各部門の入賞者の氏名、学校名を掲載いたします。
◇その他
 ・応募の際に記載いただく個人情報は、本事業に関する確認、連絡のみに使用し適切に取り扱います。
 ・応募作品の掲載についての権利は、デーリー東北新聞社に帰属します。
 ・希望された方には、作品を返却いたします。
 ・展示の際、作品を台紙に貼る場合があります。ご了承ください。
◇応募・問い合わせ先
 〒031−8601
 青森県八戸市城下1丁目3−12
 デーリー東北新聞社 営業局企画事業部「こども絵画コンクール」係
 電 話:0178(44)5111
 FAX:0178(47)0077
 メール:zigyo@daily-tohoku.co.jp

主  催  デーリー東北新聞社
特別協賛  DICグラフィックス株式会社
協  賛  株式会社金入
後  援  青森県教育委員会
      岩手県教育委員会
      八戸市教育委員会

-->

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。