本紙購読者会員サイト「デーリー東北デジタル」について
デーリー東北

本紙購読者(個人)会員サイト
2016年8月1日スタート

「デーリー東北デジタル」ってどんなもの?

トップ画面

 8月1日にスタートした「デーリー東北デジタル」は本紙の購読者(個人)を対象とした新たな会員サイトです。法人契約は対象外です。普段親しんでいる新聞をスマートフォンやタブレット、パソコンでそのまま読めるだけでなく、紙面とは違う数々のコーナーを用意しました。ぜひ、会員登録していただき、お楽しみください。

新規登録はこちらから

スマホ、タブレットでの新規登録は上のQRコードからどうぞ。
※必ず新聞を契約されている方の情報を入れてください
 (その方以外の情報ですと購読の確認ができず、閲覧を中止させていただく可能性があります)

内容盛りだくさんコンテンツを紹介

紙面ビューア

紙面ビューア
 当日の紙面は毎朝午前6時に更新されます。各ページは目隠しが施されている広告部分を除き、全て読むことが可能です。通信環境が整った場所であれば、スマートフォンやタブレットを使い、外出先や出張先、職場でも自由にデーリー東北が楽しめます。閲覧可能な紙面は過去1週間分です。
 パソコンでマウスを操作したり、スマートフォンやタブレットの画面上で指を動かしたり(ピンチイン・ピンチアウト)すれば、紙面を拡大、縮小できます。皆さまのお好みのサイズで記事をお読みください。
 本紙以外では、毎週日曜日に発行する小中学生向け新聞「週刊DJ」や毎月第1月曜日に本紙をラッピングする形で発行する「エコノミック・マンデー」、毎月第1火曜日に広告局が発行する生活情報誌「chou chou(シュシュ)」など豊富な別刷り紙面も閲覧できます。

ブログ

左から中島美華さん、清水輝大さん、ヴァンラーレ八戸のロゴ
 各界の方々によるブログは三つのコーナーがあります。
 まずは、レポーターや歌手として幅広く活躍する中島美華さん。中島さんには青森県内外を飛び回る中で感じた出身地・八戸に対する思いを伸び伸びとした文章で表現してもらいます。タイトルは「地元愛 御縁綴り(ごえんつづり)」。
 八戸ポータルミュージアム・はっちのコーディネーター清水輝大さんのブログタイトルは「あの人を見る」。北海道出身で美大卒という経歴の清水さん。“よそ者”から見た八戸の魅力や話題を感性豊かにつづってもらいます。
 JFLのヴァンラーレ八戸に所属する選手も登場。サッカー元日本代表の市川大祐さんら6選手に、J3入りを目指し奮闘するチームの近況を紹介してもらうほか、個々のサッカーに懸ける思いを熱く語ってもらいます。

フォトコレクション

フォトコレクションの画面
 デーリー東北は、取材網を使って日々さまざまな取材を行っています。その中で多くの写真を撮影していますが、紙面に載せることができるのはその中でも一部です。
 「フォトコレクション」のコーナーでは、未掲載となった写真をできる限り紹介します。主に小中高生のスポーツの大会やお祭りなどの地域イベントが対象となります。
 写っている方の関係者に限り、紙面に掲載された写真と同様に有料でのプリントサービスに応じます。

アーカイブ

イキイキ部活の画面
 「アーカイブ」のコーナーでは、デーリー東北の紙面の中で特徴ある企画や連載記事を過去にさかのぼってご覧になれます。
 原子力関連施設が数多く立地する青森県内。関連した記事は「核燃・むつ小川原」のカテゴリーでまとめ、日々の動きをつぶさに確認できます。
 お出掛けの際に役立ちそうなのが、北奥羽地方の飲食店や物販店などを紹介する「SHOPアンテナ」。昨年9月に「ひろば」面でスタートして以降の全てのお店をチェックできます。
 デーリー小中学生新聞「週刊DJ」で連載中の「イキイキ部活」(別冊で毎週日曜日掲載)。北奥羽地方でスポーツ、文化活動に熱中する小中学生のクラブや部の活動を紹介します。
 北奥羽にゆかりのある識者によるコラム「私見創見」(毎週火、木、土曜日掲載)。今年1月以降の掲載分を筆者別に読めます。さらに、エコノミック・マンデーに連動した関連記事も随時アップします。

タイムスリップ&おくやみ

タイムスリップの画面
 〇〇年前の今日ってこんな日だったのか―。「紙面タイムスリップ」では、創刊以来、約70年分ある本紙の紙面データベースを活用し、過去の当日付の紙面を1面に限り公開します。当時を懐かしんでもいいでしょうし、北奥羽地方の出来事や世情を知るきっかけにしても。
 「おくやみ」のコーナーは見やすさや利便性を高めました。本紙のひろば面に掲載している各市町村届け出分の名簿のほか、当日の死亡広告もまとめて閲覧できるようにします。過去1週間分をさかのぼって確認できるのも特徴です。

新規登録はこちらから

スマホ、タブレットでの新規登録は上のQRコードからどうぞ。
※必ず新聞を契約されている方の情報を入れてください
 (その方以外の情報ですと購読の確認ができず、閲覧を中止させていただく可能性があります)

登録・閲覧までの流れ

  •  【1】デーリー東北HP http://www.daily-tohoku.co.jp/ のトップ右上にある「新規登録」をクリック。
  •  【2】注意事項を確認します。
  •  【3】利用規約を確認します。
  •  【4】メールアドレスとパスワードを入力します。(パスワードは英数字の組み合わせで8文字以上)
    ※メールアドレス、パスワードはログインするときに必要なので、メモするなど大切に保管してください。  
  •  【5】仮登録が完了。先ほど登録したメールアドレスに本登録の案内が届きます。メールを開いて本登録へ進みます。
  •  【6】登録画面で必要な情報を入力します。
    ※必ず新聞を契約されている方の情報を入れてください。
    (その方以外の情報ですと購読の確認ができず、閲覧を中止させていただく可能性があります)
  •  【7】登録完了画面が出ます。
  •  【8】登録したメールアドレスとパスワードでログインします。
新規登録はこちらから

スマホ、タブレットでの新規登録は上のQRコードからどうぞ。
※必ず新聞を契約されている方の情報を入れてください
 (その方以外の情報ですと購読の確認ができず、閲覧を中止させていただく可能性があります)

FAQ(よくある質問とその回答)

 FAQは以下のリンクよりご覧いただけます。お問い合わせの前にご確認ください。

問い合わせ先

会員サイトの登録、閲覧に関するお問い合わせ

デーリー東北新聞社 編集局 デジタル編集部
メール:dtdinfo@daily-tohoku.co.jp
※紙面に掲載された記事に関するお問い合わせは、読者広報室で受け付けます。

紙面、記事全般に関するお問い合わせ

デーリー東北新聞社 編集局 読者広報室
電 話:0178(44)5111=平日のみ9時30分〜17時30分=
メール:kouhou@daily-tohoku.co.jp
※頂いたメールには、係が目を通しますが、回答や返答を必ずお約束するものではありません。ご了承ください。