マラソンコースを清掃/八戸・白浜町内会 (2017/05/10)

マラソンコースを清掃/八戸・白浜町内会 (2017/05/10)

 八戸市の白浜町内会(岩舘光蔵会長)は7日、八戸うみねこマラソンのコースの一部となる葦毛崎展望台から白浜海水浴場までの約3キロで清掃活動を行い、会員約130人が落ち葉やごみ拾いに汗を流した。
 清掃活動は、この時期に毎年実施。コースの道路沿いは松林が生い茂り、過去にランナーが足をけがしたことから、車道の松の葉を中心に取り除いた。参加者は、大量の落ち葉に苦戦しながらも、満杯になったごみ袋を抱えて充実の表情。マラソン本番を楽しみにしていた。
 きれいになったコースを眺めた岩舘会長は「ランナーや観客に八戸の海の景色を楽しんでもらいたい。これからも活動を続ける」と話していた。
【写真説明】
マラソンコースを清掃する白浜町内会員