第37回八戸うみねこマラソン全国大会 記録:上位10位
うみねこマラソン 第37回大会記録

ハーフ

男子ハーフ
▼39歳以下
  • (1)小笠原太一(八戸市)   1・10・05
     前年よりも速い相手が増えたレースは走っていて楽しかった。その中で連覇できたのは本当にうれしく思う。次回大会も、どんなに強い相手が来ても勝負し、必ず3連覇を果たしたい。(エスプロモ、23歳)
  • (2)有谷 昭宏(南部町)   1・12・23
  • (3)川市 哲也(埼玉県)   1・13・15
  • (4)佐藤慎太郎(青森市)   1・13・42
  • (5)田村  翼(埼玉県)   1・13・52
  • (6)國分  惟(八戸市)   1・14・24
  • (7)加藤 和彦(宮城県)   1・18・23
  • (8)下斗米裕弥(九戸村)   1・18・34
  • (9)前原 雅樹(埼玉県)   1・18・51
  • (10)小林 大輔(三沢市)  1・20・09
▼40歳以上
  • (1)尾崎 紀幸(秋田県)   1・16・51
     連覇を狙っていたので、思い通りの結果が出せてうれしい。近年はハーフに出場しており、この大会は走り慣れたコース。いつまで続けられるか分からないが、3連覇を目指して、また頑張りたい。(会社員、41歳)
  • (2)齋藤 大祐(弘前市)   1・19・32
  • (3)沼山 寿憲(十和田市)  1・19・39
  • (4)平  連悦(階上町)   1・22・54
  • (5)市川 隼人(千葉県)   1・24・40
  • (6)早川  薫(八戸市)   1・25・04
  • (7)佐藤  健(二戸市)   1・25・25
  • (8)藤田 昌宏(兵庫県)   1・25・41
  • (9)行天 英高(三沢市)   1・26・48
  • (10)高津戸 敦(北海道)  1・26・49
女子ハーフ
  • (1)佐藤 由貴(八戸市)   1・27・26
     体調不良やけがの影響があって心配したレースだったが、優勝できて良かった。7連覇を目指しつつ、まずはゴールすることだけを考えて走った。今の自分が持てる力は出し切れたと思う。(障害者デイサービス施設勤務、43歳)
  • (2)福田 素子(東京都)   1・32・14
  • (3)齊藤 玲子(青森市)   1・34・59
  • (4)大越 麻子(岩手県)   1・37・15
  • (5)工藤小百合(田舎館村)  1・38・19
  • (6)廣田 清香(八戸市)   1・39・06
  • (7)小笠原千恵(青森市)   1・39・43
  • (8)齊藤みゆき(岩手県)   1・41・45
  • (9)椎名千絵美(青森市)   1・43・02
  • (10)佐藤 祥子(八戸市)  1・43・06

10キロ

【男子】高校生以上39歳以下
  • (1)佐々木 渉(秋田県)   33・36
     2連覇が懸かっていたので練習を頑張り過ぎて、1週間前に左膝を故障してしまった。直前に練習できず、ぶっつけ本番だった分、気負わずに走れたのが良かったかもしれない。(ニプロ、26歳)
  • (2)桜井 直樹(六ケ所村)  33・38
  • (3)井上  崇(愛知県)   33・45
  • (4)星川 永志(三沢市)   34・11
  • (5)新井谷 潤(久慈市)   34・19
  • (6)石橋  健(北海道)   35・03
  • (7)江渡 正顕(岩手県)   35・26
  • (8)風間 勝臣(南部町)   35・54
  • (9)木村進乃輔(八戸市)   36・05
  • (10)木村 勇貴(平川市)  36・10
【男子】40−49歳
  • (1)菊谷  賢(青森市)   36・30
     スタート直後に転倒してしまったが、それが逆に遅れを取り戻そうというスイッチになり、意地の走りができた。初めて1位になれて、うれしい。40代最後の来年も頑張りたい。(会社員、48歳)
  • (2)竹井 秀帆(八戸市)   37・00
  • (3)畑山 一仁(秋田県)   37・35
  • (4)佐々木勝則(八戸市)   37・47
  • (5)花田 一成(秋田県)   38・13
  • (6)佐々木てる(青森市)   38・53
  • (7)澤谷  誠(横浜町)   39・24
  • (8)中野  明(おいらせ町) 40・00
  • (9)丁塚 一彦(おいらせ町) 40・17
  • (10)五日市芳徳(三沢市)  41・29
【男子】50−59歳
  • (1)畠山 一則(秋田県)   36・26
     一緒にスタートした(出場部門の違う)若いランナーについていこうと、初めからスピードを上げていったのが奏功した。タイムを落とさないように練習し、来年以降も出場したい。(大館消防署、56歳)
  • (2)浅倉  豊(埼玉県)   37・11
  • (3)鹿野 光彦(六戸町)   37・43
  • (4)長根  誠(八戸市)   38・04
  • (5)藤田 英樹(八戸市)   38・09
  • (6)柾谷 幸宏(洋野町)   38・16
  • (7)佐々木重信(青森市)   38・35
  • (8)稲村 輝男(階上町)   39・20
  • (9)一ノ瀬博文(東京都)   39・53
  • (10)櫛引  誠(弘前市)  40・00
【男子】60歳以上
  • (1)杉澤 隆司(八戸市)   40・01
     2年連続7回目の優勝を誇らしく思う。また、女子10キロ高校生以上に参加した娘と初のダブル優勝を飾れたことが、涙が出るほどうれしい。30年近くにわたって参加してきて、本当に良かった。(八戸市清掃事務所、61歳)
  • (2)佐々木昭五(黒石市)   40・44
  • (3)相間野和義(八戸市)   44・44
  • (4)赤石 滿男(おいらせ町) 44・58
  • (5)小山 年之(弘前市)   45・05
  • (6)磯崎 信一(洋野町)   45・12
  • (7)浅沼 順一(岩手県)   45・16
  • (8)中野 茂樹(久慈市)   45・37
  • (9)太田  悟(鶴田町)   47・12
  • (10)鳩  英昭(八戸市)  47・58
【女子】高校生以上
  • (1)杉澤多佳子(八戸市)   38・18
     絶対に優勝するとの思いで臨んだ。自己ベストを大きく更新できてうれしい。沿道の先輩や同僚の声援が力になって、気持ち良く走ることができた。来年も頑張りたい。(ニューフィットネス、29歳)
  • (2)福田由香人(南部町)   41・17
  • (3)苗代沢栄里(秋田県)   43・40
  • (4)坂 まさ子(八戸市)   44・46
  • (5)福原 知子(岩手県)   45・25
  • (6)畠山  侑(秋田県)   45・39
  • (7)神 ゆかり(鯵ケ沢町)  45・52
  • (8)市川 美歩(千葉県)   45・58
  • (9)佐々木裕美(岩手県)   46・30
  • (10)廣津 美希(八戸市)  47・16

5キロ

【男子】高校生以上39歳以下
  • (1)大下 稔樹(六ケ所村)   16・03
    見知った顔も多い中での駆け引きは大変で、楽しさもまた格別だ。最後まで緊張感は抜けなかったが、勝つ自信はずっと持ち続けていた。これからも限界に挑戦したい。(六ケ所村体育協会、25歳)
  • (2)松倉 弘明(三沢市)   16・05
  • (3)高山  哲(八戸市)   16・08
  • (4)野沢 好智(八戸市)   16・15
  • (5)金子 龍一(十和田市)  16・18
  • (6)根城 知哉(八戸市)   16・21
  • (7)佐藤 巧実(八戸市)   16・22
  • (8)江川 李生(三沢市)   16・24
  • (9)舘石 盛行(八戸市)   16・54
  • (10)坪  裕介(七戸町)  16・55
【男子】40−49歳
  • (1)桝本 和大(岩手県)   16・49
     風のあるコースだが、向かい風の時は我慢し、追い風の時はスパートをかけるなど、思い通りのレースができた。タイムも昨年より10秒以上短縮できて良かった。来年は3連覇を目指したい。(東海漬物、43歳)
  • (2)和田 政明(青森市)   16・57
  • (3)横浜 雅樹(三沢市)   17・30
  • (4)上田 義貴(三戸町)   17・42
  • (5)榊  善一(階上町)   17・45
  • (6)和田  智(八戸市)   17・45
  • (7)楯  親輔(むつ市)   18・18
  • (8)村井 正明(岩手県)   18・55
  • (9)齋藤 高雄(八戸市)   18・57
  • (10)乙部 昌秀(東北町)  19・15
【男子】50−59歳
  • (1)上原子憲樹(七戸町)   17・54
     毎年この種目に出場する自分の師匠が欠場し、その分も頑張ろうという思いで走った。親の介護などで練習時間の確保が難しかったが、粘り強く走れたと思う。タイムで18分を切ることができてうれしい。(インターファーム、51歳)
  • (2)山田 雅也(八戸市)   17・59
  • (3)野呂 明弘(青森市)   18・33
  • (4)蛯沢  修(青森市)   18・41
  • (5)下斗米一哉(八戸市)   18・53
  • (6)堀内  裕(久慈市)   19・08
  • (7)河村 裕司(おいらせ町) 19・17
  • (8)松橋 光宜(八戸市)   19・44
  • (9)佐藤 憲二(階上町)   19・46
  • (10)萬木 義範(北海道)  19・53
【男子】60歳以上
  • (1)福井 辰實(三沢市)   18・45
     昨年は故障のため全く走れない状態だったが、今年は1月から走り始めた。レース出場は2回目。自信はあまりなくて、途中で呼吸が苦しくなったが、最後は練習の成果が出せて良かったと思う。(育栄管財三沢、66歳)
  • (2)天間 義昭(十和田市)  18・59
  • (3)田守 重美(おいらせ町) 19・20
  • (4)佐々木和男(八戸市)   19・41
  • (5)田中 昌宏(八戸市)   19・48
  • (6)太田  悟(鶴田町)   20・46
  • (7)竹田 正直(岩手県)   20・55
  • (8)工藤 和夫(八戸市)   21・02
  • (9)畠山 勝男(岩手県)   21・10
  • (10)熊沢  仁(黒石市)  21・20
【女子】高校生以上
  • (1)川村 美学(南部町)   18・39
     2キロ過ぎからペースを上げ、残り1キロを切ってからは、前の男子選手を追い掛けてスパートをかけた。十分走り込めていなかった不安もあったけれど、5連覇の目標を達成できて良かった。(八戸准看護学院2年、22歳)
  • (2)山本 薫実(三沢市)   20・11
  • (3)大島梨理香(八戸市)   20・44
  • (4)坪  舞子(七戸町)   21・02
  • (5)溝口るみ子(おいらせ町) 21・25
  • (6)阿部美由紀(岩手県)   21・27
  • (7)上田  咲(八戸市)   21・51
  • (8)山口 美咲(六ケ所村)  22・07
  • (9)菊池 眞子(秋田県)   22・11
  • (10)坪 保乃香(八戸市)  22・21

3キロ

【男子】小学生
  • (1)瀬川 愛来(三沢市)   10・34
     最初から最後まで1位を保つことができて良かった。中間あたりでフォームが崩れる場面があったが、レース全体で点数を付ければ90点。3位だった昨年のリベンジが果たせたと思う。(三沢小6年、11歳)
  • (2)木村 蒼輝(むつ市)   10・42
  • (3)齊藤 太幹(八戸市)   11・15
  • (4)米坂 颯真(黒石市)   11・25
  • (5)米田 将騎(八戸市)   11・34
  • (6)三浦 琉玖(八戸市)   11・37
  • (7)五十嵐陽希(二戸市)   11・39
  • (8)菅野 慈元(八戸市)   11・42
  • (9)松田 隼典(八戸市)   11・46
  • (10)西野 智哉(七戸町)  11・48
【男子】中学生
  • (1)木村 航輝(むつ市)   9・18
     昨年2位で悔しかっただけに、1位を取れて素直にうれしい。普段からフォームやペース配分に気を付けて練習してきた。天候も走りやすく、100パーセントの力を出し切れた。(田名部中3年、14歳)
  • (2)横浜凜汰朗(三沢市)   9・31
  • (3)野口 歩睦(十和田市)  9・35
  • (4)西塚 璃純(八戸市)   9・45
  • (5)佐藤  翼(階上町)   9・47
  • (6)稲垣 斗真(五戸町)   9・51
  • (7)田中陽々希(五戸町)   9・53
  • (8)山本 悠暉(十和田市)  9・54
  • (9)江川 豪生(三沢市)   9・58
  • (10)工藤  耕(野辺地町) 10・02
【女子】小学生
  • (1)大澤 典佳(岩手県)   10・38
     昨年は2位で悔しい思いをしたので、念願の優勝を果たせて本当にうれしい。この日に向けて、毎日トレーニングに付き合ってくれたお父さんのおかげでもある。ありがとうと伝えたい。(田野畑小6年、11歳)
  • (2)寺嶋 心優(むつ市)   11・00
  • (3)堤内 彩空(八戸市)   11・39
  • (4)蛇口 茉央(八戸市)   11・47
  • (5)庭田 結衣(南部町)   11・52
  • (6)深澤 京華(八戸市)   11・57
  • (7)小向 梨紗(八戸市)   12・00
  • (8)大鐘 伊織(八戸市)   12・11
  • (9)佐藤 小町(黒石市)   12・14
  • (10)夏坂海夕愛(八戸市)  12・26
【女子】中学生
  • (1)伊藤 瑠音(八戸市)   10・44
  •  小学生の時から毎年出場している。昨年は2位に終わり、今年は絶対に優勝しようと思っていた。スタートで飛び出して逃げ切るという狙い通りのレースで勝つことができて良かった。(大館中3年、14歳)
  • (2)齊藤 楓乃(八戸市)   11・02
  • (3)坂井  陽(十和田市)  11・11
  • (4)吉崎 朱音(八戸市)   11・14
  • (5)伊藤 愛莉(八戸市)   11・36
  • (6)日向 結菜(十和田市)  11・37
  • (7)木村  悠(八戸市)   11・39
  • (8)坪 結芽香(八戸市)   11・42
  • (9)土橋 愛華(東北町)   11・46
  • (10)松田果南葉(八戸市)  11・58

遠来賞・年長賞・特別賞

◇遠来賞
▽幡司和彦(64)=福岡県糸島市
▽増田俊二(47)=福岡市
▽高田順市(72)=同
▽谷岡亮次(49)=岡山市
▽原田義高(69)=鳥取市
▽古林太寿久(29)=兵庫県姫路市
▽仲井拓実(41)=和歌山市
▽神田徹夫(65)=津市
▽吉田直樹(30)=広島市
▽武内淳司(35)=福岡県大野城市
◇年長賞
▽古舘三郎(95)=二戸市
▽工藤幸英(89)=南部町
▽後村京子(82)=八戸市
▽坂本フヂエ(80)=同