ふるさと御利益巡り:(3)三戸大神宮(三戸町) (2017/06/07)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(3)三戸大神宮(三戸町) (2017/06/07)

三戸町中心街に立つ三戸大神宮。地元の人たちからは「新明様」と呼ばれ愛される
 南部氏中興の祖と称される26代当主信直が、1592年に伊勢神宮の分霊を勧請(かんじょう)したのが始まりと伝わる。武運長久の祈願所として南部氏の祭事をつかさどるばかりでなく、民衆の信仰も集め、「東北のお伊勢様」として地域内外の人たちに親しまれてきた。
 当初は三戸町内の箸木山に社を構えたが、参拝者の増加で手狭となったことから、南部氏家老の藤枝宮内が17世紀に屋敷を奉納し、現在地に移った。
 会津藩とのゆかりも深い。幕末の戦乱で古里を追われ、この地に移り住んだ会津藩校日新館の杉原凱(がい)教授の眠る墓が境内に残る。
 「明治天皇御巡幸の図」をはじめ、地域の歴史などを伝える貴重な文化財を多数所蔵し、公開する。御朱印は神社名を記した一般的な印だけではなく、独自の猫のキャラクター「みこにゃん」のイラスト入りも今春から採用。みんなに親しんでほしい―と願いを込める。

 <<メ モ>>
 【祭 神】天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 【御利益】開運招福、恋愛、学業成就など全般
 【例 祭】9月13〜15日
 【御朱印】あり
 【駐車場】あり
 【宮 司】山ア茂穂(やまざき・しげお)
 【住 所】三戸町同心町諏訪内46
 【電 話】0179(22)2501

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。