ふるさと御利益巡り:(4)熊野神社(六戸町) (2017/06/14)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(4)熊野神社(六戸町) (2017/06/14)

六戸町の中心部にある熊野神社。年始めには多くの町民が訪れて五穀豊穣などを祈願する
 804年、蝦夷平定の勅命を受けた坂上田村麻呂が現在の六戸町の場所に滞在した際、お堂を建立したことが始まり。雌雄のタカの羽で作った矢2本を伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の2神の御霊代として祭り、熊野大明神として崇敬されてきた。
 現在、主な神事は同町犬落瀬柴山の社で執り行われるが、同町犬落瀬明土にある元宮が発祥の地とされる。
 町のメインイベント「六戸秋まつり」は同神社の例祭に合わせて開かれる。神輿(みこし)はお通りで柴山の社から明土の元宮へ行き、1日休んだ後、お還かえりで柴山の社へ戻る。
 元朝参りや初詣には多数の町民が訪れ、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛のお札を買い求める。同神社の権禰宜(ごんねぎ)、佐藤覚さん(68)は「六戸は農業が盛んな町なので、豊作になるかどうかは生活に直結する。今でも年始めに神社で豊作祈願をする人は多い」と解説する。

 <<メ モ>>
 【祭 神】伊弉諾尊、伊弉冉尊
 【御利益】五穀豊穣、商売繁盛など全般
 【例 祭】9月5〜7日
 【御朱印】あり
 【駐車場】あり
 【宮 司】田中靖士
 【住 所】六戸町犬落瀬柴山56
 【電 話】0176(55)4616

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。