ふるさと御利益巡り:(5)十和田神社(十和田市) (2017/06/21)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(5)十和田神社(十和田市) (2017/06/21)

かつては山伏の修行の場所として栄えた十和田神社
 807年、征夷大将軍の坂上田村麻呂が、武神の祖である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祭るほこらを建て祈願したことが始まり。915年に発生した十和田火山の大噴火で消失したが、鎌倉時代に修験者によって再び開山され、山伏の修験道場として栄えた。江戸時代には恐山と並び、南部藩二代霊場とされ、多くの参詣者でにぎわいを見せた。
 十和田信仰(水神信仰)の中心としても知られる。十和田湖冬物語の題材になるなど、今もなお地元に親しまれる「十和田湖伝説」の主人公で、巨大な竜に姿を変えて湖をすみかにしていた八郎太郎を退治したといわれる南祖坊が、青龍大権現としてあがめられてきた。
 パワースポットとしても有名で、湖畔にある占場では、「おより」を投げ入れ、沈むと願いがかなうとの言い伝えがある。現在は通行止めだが、乙女の像前の御前ヶ浜で同じように占うことができる。

 <<メ モ>>
 【祭 神】日本武尊
 【御利益】開運、出世、交通安全、合格祈願など全般
 【例 祭】旧暦の5月15日
 【御朱印】あり
 【駐車場】なし
 【宮 司】織田宣比古(のりひこ)
 【住 所】十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
 【電 話】0176(75)2508

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。