ふるさと御利益巡り:(7)大祐神社(八戸市) (2017/07/05)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(7)大祐神社(八戸市) (2017/07/05)

漁業の神様として地元の漁師らに親しまれてきた大祐神社
 大祐神社には漁にまつわる伝説があり、漁業の神様として地元の漁師らに親しまれてきた。
 鎌倉時代、父の敵討ちを断り、武士道に背いたとして領地を取り上げられた工藤大祐は、父が信仰していた弁財天を首に掛け、里や村々を回っていた。
 ある日2人の漁師に、かまどの煙も立たず、魚も捕れないさみしい村へと連れてこられた。大祐は、眼下に大きな川があり人が住むのに適した今の神社がある場所に弁財天を祭り、一心不乱に拝んだ。すると大漁をもたらし、村人に大いに喜ばれたという。
 拝殿前にある大きな「大祐大明岩」は、大祐が「磐座(いわくら)」として弁財天を祭った最初の岩。大祐の死後は、弁財天と共に湊の氏神としてあがめられた。今日では、豊宇気比売命(とようけひめのみこと)と共に海上安全、大漁満足、家内安全、商売繁盛、身体健康、学業成就、縁結び、五穀豊穣(ほうじょう)の神として信仰されている。

 <<メ モ>>
 【祭 神】豊宇気比売命
 【御利益】海上安全、大漁満足など
 【例 祭】9月2日
 【御朱印】あり
 【駐車場】なし
 【宮 司】工藤和義
 【住 所】八戸市湊町下条12
 【電 話】0178(33)9412

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。