ふるさと御利益巡り:(13)切田八幡神社(十和田市) (2017/08/16)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(13)切田八幡神社(十和田市) (2017/08/16)

例大祭などの日に南部切田神楽が披露されることで知られる切田八幡神社
 十和田市切田地区の産土神(うぶすながみ)として、古くから地元の人々の信仰を集めてきた。由緒は1867(慶応3)年の切田大火で文献記録を焼失したため、詳細を知ることができない。
 現在の社殿は1960(昭和35)年に建立された。八幡造りと呼ばれる建築様式で、本殿の上に櫓(やぐら)状の構造物を設けているのが特徴だ。
 江戸後期の天保年間にこの地を訪れた舞太夫松之助が、75曲目の神楽を村民に伝授したとされ、一部が南部切田神楽として残っている。
 南部切田神楽は56(昭和31)年に、青森県の無形民俗文化財の第1号として指定された。さらに2004年、国が記録作成などの措置を講じるべき無形民俗文化財として選択されている。
 神社では毎年9月15日に開かれる例大祭などで、この神楽が披露される。5頭の獅子頭による勇壮な権現舞は、全国的にも珍しいという。

 <<メ モ>>
 【祭 神】誉田別命(ほんだわけのみこと)
 【御利益】五穀豊穣(ほうじょう)、家内安全など
 【例大祭】9月15日
 【御朱印】なし
 【駐車場】あり
 【宮 司】高木登志雄
 【住 所】十和田市切田下切田10の10
 【電 話】0176(23)3028

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。