ふるさと御利益巡り:(27)七戸神明宮(七戸町) (2017/11/22)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(27)七戸神明宮(七戸町) (2017/11/22)

七戸城跡地に鎮座する七戸神明宮
 1396年、根城南部8代当主政光の勧請(かんじょう)により建立され、南部氏をはじめ七戸管内一円の総鎮守府として広く崇敬を集めてきた。何度か場所を移し、1881年に南部氏の居城だった七戸城(柏葉城)跡地である現在地に遷座された。
 長い年月、七戸に住む人々の心のよりどころとして信仰を集め、今も「しんめいさま」と呼ばれ住民に親しまれている。
 江戸時代に南部藩第36代藩主利敬が町民の教育のために作ったとされる伝統芸能「親孝行踊り」は七戸町の無形文化財にも指定されており、毎年8月16日の例大祭などで、地元の子どもたちが披露している。
 松林和子宮司は「親孝行踊りは『親を慈しみ、子が親を慕う』という素朴な思いを舞に託したもの。先人が受け継いできた、当たり前だが大切なものを今後も地域に伝えたい」と話していた。

 <<メ モ>>
 【祭 神】天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 【ご利益】五穀豊穣(ほうじょう)、地域安泰、開運飛躍、子孫繁栄
 【例 祭】8月16日
 【御朱印】あり
 【駐車場】あり
 【宮 司】松林 和子
 【住 所】七戸町七戸9の3
 【電 話】0176(62)2514

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。