ふるさと御利益巡り:(30)中渡八幡宮(十和田市) (2017/12/20)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(30)中渡八幡宮(十和田市) (2017/12/20)

櫛引八幡宮の由緒との関連もあったと伝わる中渡八幡宮
 神社の由来は諸説あるが、運営に代々携わった十和田市滝沢地区の旧家・滝沢氏が所有していた古文書「陸奥南部糠部(ぬかのぶ)郡瀧澤中渡正八幡宮縁起」に一説が記されている。
 それによると、滝沢氏が甲州(現・山梨県)から神形を背負って同地区に安置後、八戸に神形を移したことが櫛引八幡宮の誕生につながったとされる。その後、1714(正徳4)年に同地区にある木の枝に鏡像が引っ掛かっているのが見つかり、これを神形として祭るために創建したのが中渡八幡宮の由来という。
 社殿を見上げると、屋根上部には武田菱や九曜紋があしらわれている。内部には昔の絵馬なども数多く飾られている。
 9月の例祭では、市無形文化財に指定されている滝沢地区伝統の南部駒踊が奉納され、地元の保存会によって勇壮な舞が披露される。境内には出店が並び、多くの地域住民が集まってにぎわいを見せる。

 <<メ モ>>
 【祭 神】誉田別命(ほんだわけのみこと)
 【ご利益】五穀豊穣(ほうじょう)、家内安全など
 【例 祭】9月の第3日曜
 【御朱印】なし
 【駐車場】あり
 【宮 司】北守節子
 【住 所】十和田市滝沢中渡68の2

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。