ふるさと御利益巡り:(35)小田八幡宮(八戸市) (2018/01/31)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(35)小田八幡宮(八戸市) (2018/01/31)

義経にまつわる伝説がある小田八幡宮
 小田坂の麓に位置し、境内周辺に見える末社や神池が、一段と神秘的な雰囲気を漂わせる。
 起源は平安時代にまでさかのぼる。当時、将軍として勢力を強めていた源頼義が、陸奥国(東北地方北部)を治めようと建立した説が有力。
 時はたち、江戸時代には源義経伝説も広まった。伝承によると、1188年に平泉から源頼朝の追討を逃れてきた義経一行が高館山に仮住まいを設けた。その後、勝負事の神様である毘沙門天(びしゃもんてん)像を奉納したといわれている。諸説あるが、義経が自ら小さな田を開墾したことから、この地域を小田と呼ぶようになったとも。
 毎年9月に開かれる例大祭では、赤い衣装に身を包んだ地元住民らが伝統芸能「高館駒踊り」と「日計えんぶり」を優雅に舞う。地域に愛され、大切にされている場所の一つでもある。
 これからも小田の繁栄を願い、鎮座する。

 <<メ モ>>
 【祭 神】誉田別命(ほんだわけのみこと)
 【御利益】交通安全、商売繁盛、五穀豊穣(ほうじょう)
 【例 祭】9月第2土曜
 【御朱印】あり
 【駐車場】あり
 【宮 司】河村光穂(みつお)
 【住 所】八戸市小田1の2の1
 【電 話】0178(28)3007

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。