ふるさと御利益巡り:(37)諏訪神社(南部町) (2018/02/14)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(37)諏訪神社(南部町) (2018/02/14)

南部氏ゆかりの諏訪神社
 南部藩発祥の地を掲げる南部町で、南部氏ゆかりの神社として約800年の歴史を刻む。後に一族を束ねた三戸南部氏の初代とされる光行が、1192年の奥州入部の際、新領開拓や武運長久の守護神として、長野県の諏訪大社から分霊し、2代の実光が1221年に現在の同町諏訪ノ平に祭ったと伝わる。
 拠点が盛岡城に移ってからも、歴代の藩主に祈祷(きとう)社として大切にされた。
 神事の供え物は特徴的。「特別神饌(しんせん)」と呼ばれ、宮司が伝統にのっとり赤飯や甘酒、焼き魚などを作り、供える。
 1710年に火災に見舞われ貴重な史料が失われたものの、特別神饌を盛岡城に届けたとの記録や、その際に用いた木製黒漆塗りのお神酒入れが今も残る。
 明治に入り、近くの寺が廃止され、檀家(だんか)を引き受けた。この地域の葬儀で神葬祭が多いのは、その名残。宮司が女性というのも珍しい。

 <<メ モ>>
 【祭 神】建御名方富命(たけみなかたとみのみこと)、八坂刃賣命(やさかとめのみこと)
【御利益】国土開拓、武運長久、農業守護
【例 祭】9月5日
【御朱印】あり
【駐車場】あり
【宮 司】石井みほ子
【住 所】南部町玉掛諏訪ノ平49の1
【電 話】0179(34)2536

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。