ふるさと御利益巡り:(41)川口神社(八戸市) (2018/03/21)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(41)川口神社(八戸市) (2018/03/21)

昔から大漁成就、航海安全を願う地元の漁師からあつい信仰を集めてきた川口神社
 創建は1659年。今こそ面影はないものの、かつて馬淵川と新井田川が合流し、太平洋に流れ込んでいた河口の岩盤に鎮座。漁船の行き交う音を耳にしながら参拝することができる。
 昔から大漁成就、航海安全を願う地元の漁師からあつい信仰を集めてきた。また、災いや汚れをはらう神としても崇敬され、別名「川口大明神」「川口の明神さま」「川口の龍神様」などとも尊称されている。
 藩政時代は、漁獲高の10分の1を納税する役所である「十分一役所」が近くに置かれたこともあり、寺社奉行大目付役などの代参が毎年あったという。
 そうした背景などから、毎年6月の例祭や11月の歳越祭には、大漁旗が境内いっぱいになびく。歳越祭が他の神社に比べ、早い時期に行われるのは、年末年始が漁師にとっての稼ぎ時だから―といわれている。

 <<メ モ>>
 【祭 神】速瀬織津比賣神(はやせおりつひめのかみ)、速秋津比古神(はやあきつひこのかみ)、速秋津比賣神(ひめのかみ)
 【御利益】豊漁、安全
 【例 祭】6月27日
 【御朱印】なし
 【駐車場】あり(2台)
 【宮 司】波打磐根
 【住 所】八戸市湊町下条30
 【電 話】0178(24)3393(八戸市の御前神社社務所内)

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。