ふるさと御利益巡り:(44)薬師神社(三沢市) (2018/04/18)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(44)薬師神社(三沢市) (2018/04/18)

眼病の神として信仰を集める薬師神社
 三沢まつりで、みこしが巡回する3神社の一つ。かつて「薬師堂」と呼ばれ眼病の神として信仰を集め、北奥羽地方一円から多くの参拝者が訪れた。集落を見渡す小高い丘にあり、今も散歩やジョギングを楽しむ付近住民や、部活動で113段ある石段を登り脚腰を鍛える生徒の姿が見られる。
 創建の伝承には三つの説があり、約1350年前に小川原湖伝説で知られる玉代姫のくしを祭ったとする説が最も古い。鳥居の脇にそびえるご神木のケヤキは樹齢240年、石段の中ほどに立つイチイは樹齢400年という古木だ。
 これまで3度も火災に見舞われたが、宮司の古間木松三さん(57)によると、1993年の火災では建物が焼失したものの、「ご神体だけは燃えずに残った」という。現在の社殿は2001年に市民らの寄付金を元に再建。古間木さんは「地域の人々に助けられている。今後も神社を守っていきたい」と話す。

 <<メ モ>>
 【祭 神】薬師如来
 【御利益】眼病など
 【例 祭】4月9日、9月9日、12月8日(八日堂祭)
 【御朱印】なし
 【駐車場】なし
 【宮 司】古間木松三
 【住 所】三沢市古間木山117の1
 【電 話】0176(53)1742(宮司宅)

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。