ふるさと御利益巡り:(57)志賀理和気神社(岩手県紫波町) (2018/08/01)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(57)志賀理和気神社(岩手県紫波町) (2018/08/01)

地名の由来になった霊石があることから赤石神社とも呼ばれる志賀理和気神社
 志賀理和気神社は、岩手県紫波町の北上川西岸に鎮座する。かつて志和郡に八戸藩の飛び地があったことを伝える八戸藩代官所跡から、東に約6キロの場所だ。
 804(延暦23)年、坂上田村麻呂が、東北開拓守護神として経津主神(ふつぬしのかみ)(香取神)と武甕槌神(たけみかづちのかみ)(鹿島神)を勧請したことに始まる。
 日本最北の延喜式内社(えんぎしきないしゃ)とされ、歴代の領主から手厚い保護を受けた。8代盛岡藩主の南部利視(としみ)が「御社はとまれかくまれ志賀理和気 我が十郡の国のみをさき」と詠じたことから八戸市の櫛引八幡宮と同じ「南部一の宮」と称している。
 神社名の由来は、アイヌ語など諸説あるが不明。地名に「紫波」の字を使う由来となった霊石「赤石」が祭られ、住民からは「赤石神社」と呼ばれている。
 歴史ある同神社だが、堤防建設のため約3年後に移転する。田村勝則宮司は「街を守るための苦渋の決断。移転後も地域に愛される神社にしたい」と語った。

 <<メ モ>>
 【祭 神】経津主神、武甕槌神、猿田彦神(さるたひこのかみ)、保食神(うけもちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ)、船霊神(ふなだまのかみ)
 【ご利益】開運招福、縁結び、交通安全、家内安全
 【例 祭】9月の第1土、日曜
 【御朱印】あり
 【駐車場】30台
 【宮 司】田村勝則
 【住 所】岩手県紫波郡紫波町桜町本町川原1
 【電 話】019(672)2767

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。