ふるさと御利益巡り:(59)龍興山神社(八戸市) (2018/08/15)
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

(59)龍興山神社(八戸市) (2018/08/15)

1935年に再建された現在の龍興山神社。15分ほどの険しい参道を上ると、島守盆地を見渡すことができる
 社伝や小沢礼子宮司によると、1177(治承元)年、平清盛の子・重盛が父の不忠をいさめたことで都落ちし、現在の島守地区にやって来た―との伝説が残る。そして重盛が浅田山(通称・虚空蔵=こくぞう=山)に、自身が信仰していた虚空蔵菩薩(ぼさつ)を祭ったのが由来とされる。
 一説には、江戸時代まで神仏習合として地域住民の信仰を集めたが、明治政府による神仏分離令に伴う廃仏毀釈(きしゃく)の高まりを避けるため、浅田山の山号を取って「龍興山神社」と改称。それまで山頂にあった虚空蔵菩薩は現在、麓にある「福一満虚空蔵菩薩堂」に移し、神社としては豊玉彦之命(とよたまひこのみこと)を祭神として現在に至っている。
 神社へは奇岩や杉がうっそうと茂る参道を15分かけて上る必要があり、神宿る神域(しんいき)にふさわしい雰囲気をとどめる。現在の社殿は1935年に再建され、社殿上部には十二支の彫刻が施されているのも興味深い。

 <<メ モ>>
 【祭 神】豊玉彦之命
 【御利益】五穀豊穣(ほうじょう)、家内安全など
 【例 祭】6月第1土、日曜日
 【御朱印】あり
 【駐車場】あり
 【宮 司】小沢礼子
 【住 所】八戸市南郷島守内山5
 【電 話】0178(83)2572

PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。