ふるさと御利益巡り
デーリー東北

ふるさと御利益巡り

 私たちが住む地域には、大小さまざまな神社があり、住民の心のよりどころとなっている。企画「ふるさと御利益巡り」では、神社の由来から現在までを幅広く紹介する。(メモは掲載当時の情報)

(21)氣比神社(おいらせ町) (2017/10/11)

「馬護神堂」とも呼ばれ、馬に関わる人から信仰を集めてきた氣比神社
 氣比神社の周辺は古くから馬産地として知られ、源頼朝も奥州征伐の際に着目して住民に馬の生産を奨励したと伝えられる。同神社は元々「馬護神堂(ばごしんどう)」の名で呼ばれ、馬に乗った神「蒼前(そうぜん)様」をまつる場所として馬に関わる人々から信仰を集めてきた。
 神賑(しんじん)祭(例祭)には現在の岩手、秋田県からも馬を連れた人が訪れ、健やかな成長を願った。今でも例祭では絵馬を販売し、馬との深い関わりを感じさせる。
 現在の名前が定着したのは明治初期。氣比神宮(福井県敦賀市)と同じ足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祭っていたため、国の調査に合わせて「氣比」の名を冠したという。
 田中靖士(やすひと)宮司は、敦賀市の神社と同じ神を祭っている理由について「北前船に関係する人が寄港地の野辺地町へ行く途中、この神社に立ち寄っていたのではないか。敦賀市も寄港地なので、同じ神を祭って安全を祈ったのだろう」と推測する。

 <<メ モ>>
 【祭 神】足仲彦尊
 【御利益】牛馬安全、交通安全、家内安全、海上安全など
 【例 祭】7月第1土・日曜
 【御朱印】あり
 【駐車場】あり
 【宮 司】田中靖士
 【住 所】おいらせ町上久保51の1
 【電 話】0178(56)2591

アーカイブ

PR

  •  「デーリー東北」の販売店で組織するデーリー東北販売店会が、地域に密着したニュースや行催事などを紹介します。
  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。