夜空に鮮やかな輝き 夜間山車運行(2016/08/03)

夜空に鮮やかな輝き 夜間山車運行(2016/08/03)

ライトアップされた山車が八戸市中心街を練り歩いた中日の夜間山車運行=2日午後7時すぎ、同市六日町
 八戸三社大祭中日の2日、八戸市中心街では夜間の山車運行が行われた。ライトアップされた山車は夏の夜空に鮮やかな輝きを放ちながら練り歩き、訪れた大勢の見物客は日中と一味違う山車の魅力を満喫した。
 午後6時、山車は市庁前を次々と出発。日が沈むにつれて人形や見返しが光に照らされ、幻想的な雰囲気を演出した。
 各山車組が工夫を凝らした自慢の仕掛けを展開すると、沿道の見物客は歓声を上げ、盛んに拍手を送った。
 4日までの期間中、夜間運行が行われるのは中日だけ。観光客にも好評で、出張帰りに立ち寄った盛岡市の会社員足利良二さん(60)は「夜の山車はきれいで迫力がある。中日に足を運ぶことができてラッキーだった」と笑顔を浮かべた。
 日中に比べて涼しいこともあり、子を持つ親からの人気も高い。夫と共に幼い子ども2人を連れて訪れた八戸市の主婦菅野紀子さん(31)は「夜間運行は昼ほど暑くないので、子どもを連れて歩きやすい。ライトアップされた山車も美しくて好き」と話した。