デーリー東北:特集八戸三社大祭:トップページ

八戸三社大祭とは

 7月31日の前夜祭、そして8月1日から4日までの5日間は、豪華な山車が中心街などに繰り出す、青森県南を代表する夏祭りです。
 八戸市内のおがみ神社、新羅神社、神明宮の三社合同の祭り。前夜祭は八日町−廿三日町に参加山車が勢ぞろいして祭りを盛り上げます。1日と3日のお通り、お還りの御輿(みこし)行列には、藩政時代から続いた武者押し、旗差し物、稚児行列、そして神楽、獅子舞、虎舞など郷土色豊かな伝統芸能、さらには附祭として、各氏子町内の人々、職域団体の山車が参加、笛・太鼓のはやしに引き子の掛け声もにぎやかに行列は延々5キロにも及び、2時間以上も観客の目を楽しませてくれます。中日には長者山桜の馬場で加賀美流騎馬打毬や徒打毬が古式ゆかしく行われます。
 三社大祭は約290年の歴史を持ちます。享保6年(1721)おがみ神社で豊作加護と報恩の願いを込めて氏子たちが祭礼を行ったのが、そもそものきっかけとされ、御輿、獅子舞、神楽など渡御行列で町内を練り歩き、新羅神社で2泊して帰社しました。そのお礼の意味で新羅神社が行列を整え、お送りしたのが祭りの始まりと伝えられています。明治になり神明宮も加わり三社祭になりました。
 祭りの華はなんといっても山車。各町内会や企業グループは6月初めから一斉に山車作りを始めます。題材には、源平合戦などの軍記物をはじめ、人気のある歴史上の英雄のほか、童話や日本神話、縁起のよい民話などバラエティーにとんだ山車は、大通りでは左右の仕掛けをせり出して、道幅いっぱいに広がります。1台に大太鼓1つ、小太鼓5つ、引き子など150人〜250人で運行、地元では「日本一の山車まつり」と自慢しています。
 ※会期は例年8月4日までの5日間ですが、今年は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことなどを祝した「記念祭」が8月5日に開かれます。

2017年 八戸三社大祭 全山車動画

2017年八戸三社大祭全山車紹介
 お通りに参加した全27の山車を動画で紹介しています。

連載企画「八戸三社大祭 まつり再考」


 本紙連載企画「八戸三社大祭 まつり再考」を読むことができます。

ユネスコ無形文化遺産登録

ユネスコ無形文化遺産登録
※画像をクリックすると拡大表示できます。

365日間の祭り〜山車組の1年〜

365日間の祭り〜山車組の1年〜
※画像をクリックすると拡大表示できます。

関連ニュース

運行経路

前夜祭(7月31日)・後夜祭(8月4日)・
ユネスコ記念祭(8月5日)
※画像をクリックすると拡大表示できます。

お通り(8月1日)
※画像をクリックすると拡大表示できます。

中日(8月2日)
※画像をクリックすると拡大表示できます。

お還り(8月3日)
※画像をクリックすると拡大表示できます。