共同通信PRWire
デーリー東北

共同通信PRWire

学校法人大正大学 (2018/09/07 13:00:00)
大学IR合同シンポジウム・第12回EMIR勉強会開催 ―2018年9月13日(木)〜14(金)−

昨年度のEMIR勉強会の様子
20180907

大正大学

文科省高等教育局長、玉川大学学長、大正大学エンロールメント・マネジメント研究所長等が登壇
大学IR合同シンポジウム・第12回EMIR勉強会開催
―2018年9月13日(木)〜14(金)−

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区) を会場に、2018年9月13日(木)〜14日(金)に一般社団法人大学IRコンソーシアム、一般財団法人大学IR総研、大正大学エンロールメント・マネジメント研究所の3機関が協働し、大学IR合同シンポジウム(13日)及びEMIR勉強会(14日)を開催いたします。
 13日に開催する大学IR合同シンポジウムでは、教育の質保証について文部科学省高等教育局長から政策的な視点で、玉川大学学長から大学行政の視点で、また各IR機関からはそれぞれの取り組みによって得られた知見を集積した講演を予定しております。
 14日に開催するEMIR勉強会では、「学習成果の可視化へのIRシステムの挑戦」という全体テーマに基づき、午前中は米国における優れた取り組みを、午後からは日本におけるIRシステムと可視化の取り組みについて報告いたします。

■大正大学のEM・IRの取組み
大正大学は教育改革・学生支援のさらなる促進・拡充のために、EM(Enrollment Management)やIR(Institutional Research)に関する研究を行う「大正大学エンロールメント・マネジメント研究所」を2017年10月に開設いたしました。本研究所での研究成果を、本学のみならず大学教育全体に貢献できるよう積極的に広く一般に公開するために本シンポジウムを開催いたします。

■一般財団法人大学IR総研
日本の大学教育の価値を高め、世界に通用する学生を育てることができるように、大学改革の質・スピードをさらに上げ、その改革により成果を上げた大学を正当に評価し、さらにその評価が外部評価につながり、大学経営の安定に寄与することを目的とした財団です。
出典:一般財団法人大学IR総研HP

■一般社団法人大学IRコンソーシアム
 平成21年度文部科学省「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」(GP)に採択された「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出―国公私立4大学IRネットワーク」を、発展的に継承するために設立する組織です。
出典:一般社団法人大学IRコンソーシアムHP

■EM(Enrollment Management)とは
 大学における学生支援の取り組みの一。大学全体で各個人を学力・就職・生活などの面からサポートし、退学率を下げようとするもの。
出典:デジタル大辞泉

■IR(Institutional Research)とは
 高等教育機関において、機関に関する情報の調査及び分析を実施する機能又は部門。機関情報
を一元的に収集、分析する事で、機関が計画立案、政策形成、意思決定を円滑に行うことを可能
とさせる。また、必要に応じて内外に対し機関情報の提供を行う。
                    出典:高等教育に関する質保証関係用語集(第4版)




PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。