共同通信PRWire
デーリー東北

共同通信PRWire

ランゲージワン株式会社 (2018/09/06 18:04:00)
ランゲージワンは北海道地震の被災地に対し、緊急災害通訳サービスを無償提供いたします

ランゲージワン緊急災害電話通訳ダイヤル
2018年9月6日

ランゲージワン株式会社

ランゲージワンは北海道地震の被災地に対し、緊急災害通訳サービスを無償提供いたします

このたびの北海道地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

多言語対応コンタクトセンターを運営しているランゲージワン株式会社(代表取締役社長:新井純一、本社?東京都渋谷区)は、2018年9月6日(木)より北海道地震被災地の自治体ならびに公共施設等へ緊急災害支援として【専用電話および専用メールによる24時間対応の多言語対応通訳サービス】を無償にて提供いたします。

24時間対応の無償サービス受付窓口は下記の通りです。

【緊急災害通訳サービス】
・対応言語:12ヶ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809067665-O1-Do2SBwr1
 ■緊急災害電話通訳ダイヤル:03-6436-3677
 ■緊急災害翻訳受付メール:translation@languageone.qac.jp

・電話機の受け渡しによる通訳サービスになります。
 ※通話料はお客さまのご負担になります。
 ※録音、対応報告などはご提供いたしかねます
 ※事前の予告なしにサービスを終了させていただく場合があります。

キューアンドエーグループは、今後も当グループの強みであるサポートサービスを被災地の皆さまにお届けすることで、一日も早い復興に向けグループ一丸となって支援活動に取り組んでまいります。

【免責】
・当社は本サービスで提供する通訳の内容に関して正確性と最新性の確保に努めますが、その完全性に関してはいかなる保証をするものではありません
・これらの情報の内容が正確・確実なものであるかどうか、有用なものであるかどうか、サービス利用者の目的に合ったものかどうか、安全なものであるかどうかなどにつきましては保証いたしません
・また、当社はサービス利用者が本サービスの通訳情報を使用されたこと、もしくはご使用になれなかったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません
・当社は予告なしに本サービスの提供を中止または終了することがあり、サービスの中止または終了によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません

【本リリースに関するお問い合わせ】
ランゲージワン株式会社
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
お問い合わせフォーム:
https://www.languageone.qac.jp/contact/



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。