共同通信PRWire
デーリー東北

共同通信PRWire

株式会社岡山国際サーキット (2018/09/07 19:00:00)
岡山県美作市の魅力サイクリストに

大会ポスター
昨年のレースの様子
美作の茶畑
2018年9月7日

美作市/株式会社岡山国際サーキット

岡山国際サーキットで開催の自転車競技会で地域の魅力を発信

2018年10月8日(月・祝)に岡山国際サーキット(岡山県美作市滝宮1210)にて開催される自転車競技会「サイクル耐久レースin岡山国際サーキット2018」(主催:サイクル耐久in岡山国際サーキット実行委員会)において、同サーキットの所在地となる美作市(美作市役所経済部商工観光課)が、地域の観光振興と新たな地域の魅力発信を目的とし、出展いたします。
同大会は、本年で開催27回目を数え、子供から大人まで参加できる11のクラス設定があり、毎年1000名近いエントリーを県内外から集めるファミリーイベントとして定着しています。
この度、出展を計画する美作市は、「美肌の湯」として1200年の歴史を持つ湯郷(ゆのごう)温泉が知られており、古くは宮本武蔵生誕の地などとしても親しまれています。近年では、温泉や史跡以外の魅力発信にも積極的に取り組んでおり、サイクリングルートの整備や、同市で生産される黒豆、岡山県を代表する桃、ぶどうなどのフルーツ、江戸時代から生産が続く海田(かいた)茶や、美作の山々が育んだイノシシ・シカなどの食肉「ジビエ」などがあり、一部高級店やデパートなどでも取扱いされるほどになっています。今回の美作市の観光PR出展では、自転車競技会に参加するユーザーに対し、美作観光の新しい起爆剤として、飲食を通じ実際に美作の味や香りを参加者が体感できるブースや自転車で行ける隠れた旅のポイントなどを紹介する予定です。
出展にあたっては、自転車競技会で行われる給水に替わり、地域特産の海田茶を参加者に提供するなどして特産品PRを行うほか、茶挽き体験や、現岡山国際サーキットのレストランシェフで、1998年の長野冬季五輪の迎賓館で総料理長を務め、各国のVIPなどをもてなした経歴を持つ里野モミイチ氏とコラボレーションしたジビエと地域特産の野菜を用いたランチを数量限定で販売するなどを計画しています。
このPR出展を通じて、近年の健康志向とエコブームの高まりを受け、急増するサイクリストに対し、同市が整備を進めるサイクリングルート内で楽しめるスポットをパネルなどで紹介し、サイクリストが思い思いに設定できる自由な冒険旅の提案と食を軸とした感じられるメニューを提供することで、新たな美作観光の目的と期待感を演出し、観光客誘致による地域振興を狙います。



PR

  •  47NEWSは47都道府県52新聞社のニュースと共同通信ニュースを束ねた総合サイトです。
  •  全国の1,300を超えるショップと47都道府県の地方新聞社が一緒になって活動をしています。青森の“おすすめ”はこちらから。
  •  家族や友だちといっしょに記事を読み、感想・意見などを書いて記事とともに応募するこのコンクールは、「思考力・判断力・表現力」を重視する学習指導要領の理念も念頭に置いた企画です。。
  •  共同通信PRワイヤーは共同通信グループのプレスリリース配信サービスです。

  •  広告ビジネスに携わる方々に「新聞」と「新聞広告」の特性をご理解いただくことを目的として運営しています。
  •  自分に合った読み方を診断してみよう。きっと新聞の読み方が変わるハズ?

  •  日本で唯一の「ナショナル・プレス・クラブ」です。人々の「知る権利」に資するジャーナリズム活動の拠点です。