共同通信PRWire

共同通信PRWire

株式会社玉子屋 (2023/12/06 08:29:00)
ピンクリボン弁当で乳がん啓発!

おべんとうの玉子屋のピンクリボン運動
10月2日(月)〜10月5日(木)玉子屋「ピンクリボン弁当」メニュー
〜おべんとうの玉子屋と東京都の取り組み〜

2023年9月27日
株式会社玉子屋

ピンクリボン弁当で乳がん啓発!
〜おべんとうの玉子屋と東京都の取り組み〜
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202309229990-O1-wD7iwnyB

オフィス向けの日替わり弁当、接待や会議用の特製弁当の製造・販売・配達を手がける株式会社玉子屋 (本社:東京都大田区/代表取締役社長:菅原勇一郎 以下、玉子屋)が、10月2日(月)〜10月5日(木)の期間、東京都が実施する「ピンクリボン in 東京2023」キャンペーンに賛同し「ピンクリボン弁当」を提供します。このキャンペーンでは、乳がん検診の普及啓発活動に向け、早期発見の重要性をアピールします。 

ピンクリボンについて
ピンクリボンは、乳がんの啓発活動を象徴するシンボルとして世界的に認識されています。毎年10月は「乳がん啓発月間」として、乳がんの早期発見と予防に関する情報を広め、乳がん撲滅への支援を行う重要な時期と位置づけられています。 


 都庁のピンクリボンランチ
東京都では、乳がん検診の大切さを伝えるため、10月の乳がん月間に合わせてキャンペーンを実施し、飲食店や企業とも協力してイベントを行っています。その一環として、東京都庁職員食堂では、乳がん予防のシンボルである「ピンクリボン」にちなみ、特別メニューの「ピンクリボンランチ」を提供しています。 


おべんとうの玉子屋の「ピンクリボン弁当」
2023年は、東京都の取組みに賛同し、玉子屋がお受けするすべての日替わり弁当を「ピンクリボン弁当」とすることにしました。玉子屋が提供する「ピンクリボン弁当」は、健康を意識したヘルシーメニュー。お弁当のおかずにイメージカラーのピンク色の食材を使用することで「ピンクリボン弁当」としています。
例えば、食材だと鮭、海老、たらこなど。その他、トマト、赤かぶ、さつま芋(皮付き)などを使用して彩りをつけます。おかずだけでなく調味料(ソース)も「ピンクリボン弁当」に欠かせないアイテムとなります。

期間:10月2日(月)〜10月5日(木)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202309229990-O2-NF1s3w99

おべんとうの玉子屋の配達サービスが協力できること
玉子屋は、首都圏に毎日約4万食をオフィスや学校、病院へお届けしています。「ピンクリボン弁当で東京をピンクに染めよう!」をモットーに、玉子屋は「ピンクリボン弁当」を東京都内などの多くの方へお届けすることで、ピンクリボン運動を広め、乳がん啓発への貢献を果たします。

玉子屋の想い
「ピンクリボンin東京2023」は、乳がん啓発活動に貢献し、乳がんの早期発見と予防に向けた重要な取り組みです。玉子屋は「ピンクリボン弁当」を提供することで、乳がん啓発活動に賛同しています。
また、玉子屋では、従業員も同じお弁当を食べています。健康で元気な生活が送れるように様々な活動を続け、健康経営優良法人2023(中小規模法人部門(ブライト500))に認定されました。
乳がんは女性だけの病気ではありません。「ピンクリボン弁当」が、ご自身の体や健康状態に目を向けていただくきっかけになってくれることを願っています。
お弁当のライスには、シールド乳酸菌(R)を配合。玉子屋で考えるピンク色の食材を使ったおかずも、色味だけでなく、美味しさと健康を両立させています。10月2日(月)~10月5日(木)は、玉子屋の「ピンクリボン弁当」を見て、食べて、楽しんでいただきたいです。

■株式会社玉子屋について
1975年創業、東京都大田区にある宅配弁当の会社。毎日約3,500社の企業40,000食のお弁当を東京と神奈川の一部に配達(当日注文で12時までにお届け)。受注した数量と製造した食数の誤差は0.1%未満。リターナブル容器でゴミを出さないよう環境に配慮しています。種類は日替わり弁当一種類のみ、お弁当のおかずは約7種類、野菜・魚・肉をバランスよく配置し玉子屋だからできる仕入力でコスパの良さを追求。また工場の衛生管理を徹底し、炭酸電解次亜水を利用するなど、安心・安全なお弁当を目指します。はたらく方の午後の活力となるお弁当を適正な価格でまごころ込めてお届けすることを使命に日々邁進しています。2021年よりスマートミール対応、健康経営優良法人2023(ブライト500)認定、その他、受賞多数。(公式サイト:https://www.tamagoya.co.jp