共同通信PRWire

共同通信PRWire

シュナイダーエレクトリック株式会社 (2023/12/05 13:00:00)
スマートかつサステナブルな次世代型工場の実現を支援するDXサービス事業の日本市場展開を始動

2023/12/5
シュナイダーエレクトリック

・自社のスマート工場推進のノウハウを最大限活用した専門性の高いエンドツーエンドのサービスにより、製造拠点のDX推進における戦略的計画策定と具体的なソリューション導入を強力に支援
・サステナビリティ、生産性向上、デジタルオペレーション、エネルギー管理の専門家が、企業全体やローカルレベルで変革をサポート
・2025年までに30社へのサービス提供、10件のネットゼロ工場案件支援を目指す

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、同社自らの工場を変革してきたノウハウを用いて、顧客のスマートかつサステナブルな次世代型工場の実現を支援するDXサービス事業を、日本市場に向けて、2024年1月より、本格的にサービス提供を開始します。

本サービスは、シュナイダーエレクトリックがグローバルで2023年2月より展開を開始したもので、産業分野の企業が将来に備え、革新的かつサステナブルなエンドツーエンドのデジタルトランスフォーメーションを効果的に達成できるように設計されています。現場DXを強力に支援するため、実証済みのソリューションを用いた拡張可能なサービスとなっており、課題の発見、調査・診断、戦略策定、設計、ソリューション実装、継続的な改善活動といったDX推進のステップをトータルにサポートすることが可能です。 顧客企業は、シュナイダー エレクトリックの産業分野およびエネルギー分野の専門知識やノウハウを最大限に活用しながら、一連の産業用ソフトウェアのサポートを受けることで、以下のようなさまざまな指標において数値的な効果を達成できるようになります。

• 生産性向上、DX推進のための企業ガバナンスの再構築
• 持続可能性とエネルギー効率
• 設備保全効率の最適化
• サイバーセキュリティー
• AI活用によるDXソリューション

シュナイダーエレクトリックは、同社の世界各地の製造・配送拠点において、世界経済フォーラムが次世代型工場の手本として選定するライトハウス認定を複数件獲得した数少ない企業の1社です。ライトハウスとは、第4次産業革命(4IR)のテクノロジーをパイロットから大規模レベルまで導入し、オペレーションやバリューチェーン、ビジネスモデルを変革することで、財務や持続可能性の観点で高パフォーマンスを発揮した工場を認定するものです。シュナイダーエレクトリックはアドバンストライトハウス5件、サステナビリティライトハウス2件の認定を取得しており、いずれの工場も、自社のソリューションを用いてスマート化・サステナビリティ化を実現しています。
今回始動するDXサービスは、こうしたシュナイダー自らの実績に基づいて、顧客企業へのアドバイザリーを行い、従来のデジタル化・スマート化の支援に加えてエネルギー管理の領域にも支援範囲を拡大し、サステナブルな次世代の工場を実現するための統合的な支援を提供します。2025年までに、国内市場において30件のコンサルテーションを実行し、10件のGHGネットゼロ工場案件への支援実施を目指します。

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、あらゆる人がエネルギーや資源を最大限活用することを可能にし、世界の進歩と持続可能性を同時に実現することを目指しています。私たちはこれを「Life Is On」と表現しています。
私たちの使命は、持続可能性と効率性を実現するためのデジタルパートナーになることです。
世界をリードするプロセス技術やエネルギー技術と、エンドポイントとクラウドをつなぐ製品、制御機器、ソフトウェアやサービスとを、ライフサイクル全体を通して統合し、その統合された管理を住宅、ビル、データセンター、インフラストラクチャ、各種産業に展開することでデジタルトランスフォーメーションを推進します。
私たちは、最もローカルなグローバル企業です。社会にとって意義深い目的を持ち、多様な意見を取り入れ自ら行動するという価値観を持って、オープンスタンダードとパートナーシップエコシステムの拡大に尽力します。
www.se.com/jp