共同通信PRWire

共同通信PRWire

アキレス株式会社 (2024/02/26 14:00:00)
土壌消毒用生分解性マルチフィルム『ビオフレックスマルチGM』

『ビオフレックスマルチGM』(こんにゃく芋向け)(群馬県内での展張例)
業界初、こんにゃく芋栽培の土壌消毒に適した生分解性を実現 3月1日(金)より発売開始

2024年2月26日
アキレス株式会社

業界初、こんにゃく芋栽培の土壌消毒に適した生分解性を実現 土壌消毒用生分解性マルチフィルム 『ビオフレックスマルチGM』 3月1日(金)より発売開始

 

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:日景一郎)は、特定の作物向けに開発した土壌消毒用生分解性マルチフィルム『ビオフレックスマルチGM』(こんにゃく芋向け)を2024年3月1日(金)より発売します。

 

 農業分野においても環境負荷の低減が推進される中、群馬県では特産物であるこんにゃく芋の栽培で使用される土壌消毒用フィルムについて、ポリエチレンフィルムから生分解性フィルムへの切り替えが検討されていました。こんにゃく芋は病気に弱く、植え付け前の土壌消毒が不可欠であることから、県内全体で相当量の消毒用ポリエチレンフィルムが必要になり、使用後に発生する廃プラスチックが膨大な量にのぼることが理由でした。

 

 産地の要請を受けた当社が生分解性マルチフィルム『ビオフレックスマルチ』を提供し、試用いただいたところ、生分解に要する期間に課題があることが分かりました。従来の『ビオフレックスマルチ』は使用期間を3〜4カ月に設定していますが、こんにゃく芋の栽培で土壌消毒用フィルムを使うのは3月からの1〜2カ月間と、それより短い期間でした。

 

 そこで当社は『ビオフレックスマルチ』の生分解性を調整し、こんにゃく芋の栽培カレンダーに適した生分解性を持つ土壌消毒用生分解性マルチフィルム『ビオフレックスマルチGM』(こんにゃく芋向け)を新たに開発しました。土壌消毒終了後の施肥作業と同時に鋤き込むだけでフィルムを処理でき、省力化に大きく貢献します。また、廃プラスチック処理が不要のため、CO2排出量の削減につながります。さらに、ポリエチレンフィルムと同等のガスバリア性を備え※1、消毒後の土壌に被せることで消毒液の大気中への拡散を抑制します※2。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402216853-O1-Zc4N7cA1

写真:『ビオフレックスマルチGM』(こんにゃく芋向け)(群馬県内での展張例)

 

※1 徳島県立農林水産総合技術支援センターで、ガスバリア性について試験を実施。

※2 産地で使用される複数の土壌消毒剤で、大気中への拡散を抑制する効果を確認。

 

 土壌消毒用生分解性マルチフィルム『ビオフレックスマルチGM』(こんにゃく芋向け)は、こんにゃく芋栽培の土壌消毒に適した生分解性マルチフィルムとして業界初となるものです。日本バイオプラスチック協会が認証する「生分解性バイオマスプラ」マークを申請中です。当社は、生分解性フィルムの開発で培った配合技術により作物に合わせて生分解の期間を調整することが可能なことから、今後も利用者様や社会のニーズにお応えし、環境配慮型製品の開発、機能向上の取り組みを積極的に進めていきます。

 

『ビオフレックスマルチGM』(こんにゃく芋向け)の製品概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101158/202402216853/_prw_OT1fl_205502nz.png


アキレス株式会社 〒169‐8885 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー https://www.achilles.jp